二九の会活動記録
神戸・大阪を拠点にさまざまな業種に従事する30代40代の優秀な人材の為の異業種交流会の活動記録と会の事務局からの情報発信
カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



Twitter on FC2



月別アーカイブ



FC2カウンター



プロフィール

二九の会

Author:二九の会
「新 神戸二九の会」事務局の歌野です。
この会は、神戸・大阪を拠点にし、30代~40代前後のサラリーマンまたは個人事業主、中小企業の経営者など多方面で活躍されている中堅と言われる方々の異業種交流会です。
普段接する機会の無い(少ない)業種の方との語らいにより、自らの事業やビジネスに活かすヒントになったり、自分は経験した事のない事を知っている人が居る・・・など、動機はさまざまでしょうが、2~3ヶ月に一度ぐらいは、大騒ぎしながら、語らい合いましょう!



最近のコメント



最近の記事



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12.05.13 鉄&空
GWも終わり、気温も上昇中。 日中は、上着を着てると汗ばむ気候となりました。

このブログも最近は、すっかり放置状態・・・申し訳ございません。 m(_ _)m

さて、行楽シーズン真っ只中の今日、”鉄っちゃん”の息子と二人で乗り鉄を楽しんで来ました。 JRの「春の1デイパス」を利用して、神戸~関空~和歌山~奈良~おおさか東線経由で神戸まで周遊して来ました。
この1デイパス利用も今回で3回目。 ただ乗るだけではつまらないので、関空で遊べないか?と探してみると、ありました。『わくわく関空見学プラン』。 これは、なかなか良かったですよ。 一般では入る事の出来ない保安区画から飛行機を見上げたり、間近に見る事が出来ますし、大型の観光バスで専門のガイドさんが付き、要所要所で解説やクイズ形式で楽しませてくれます。 約一時間の行程で500円は安いと思いました。
その後、展望施設内を見学し、空港ターミナルにて昼食。 息子の食べたいものと私の食べたいものが違いましたが、そこは、大人の私が譲らざるを得ません。 しかし、広い空港ターミナルは、さまざまなテナントや飲食店が出店しており、飛行機に乗らなくとも楽しめる空間と言えるでしょう。

そうして、今日の本来の目的を忘れそうになりながらも、息子はしっかりと忘れておらず、早く電車に乗りたいと、急かされながら空港駅へ。 
次の目的地は、和歌山駅。 空港駅~日根野駅~和歌山駅のルートで46分ほど。 JR西日本の新型車両225系は、息子の大のお気に入り。関空快速でもこの車両でしたが、今日は、二回も乗れて満足の様子でした。 和歌山駅での滞在時間は、30分ほどでしたが、タマちゃん駅長で知られる”いちご電車(和歌山電鉄貴志川線)”がホーム向かいに停車しており、撮影しに走った事は言うまでもありません。 

和歌山駅から今度は、奈良方面へ向けひたすら北上、二両編成のワンマン列車。 ここで豆知識。 二両編成のワンマン列車では、運転士は、車掌の役割も果たさねばならず、先頭車両のみ扉が開きます。降車する人は、先頭車両の一番前の扉から料金を払って出ます。まるで、バスの様です。
和歌山駅から王寺駅まで、約二時間半。 ローカルな眺めと硬いシート、揺れる車両とで、かなり疲れました。

ここから、更に、奈良方面または、京都方面まで行く事も出来ますが、この時点で既に17:30に近い時刻。帰路に就くことにしました。
王寺駅から久宝寺駅、久宝寺から放出、放出から尼崎、尼崎から神戸へと乗り継ぎ、春の乗り鉄の行程を終了しました。

今回の旅の費用としては、ワンデイパスが、2900円(大人)。 プラス わくわく関空見学プラン参加費500円、飲食代金のみ。 息子の分も合わせて、7000円ほどで一日を満喫しました。

ちなみに、神戸~大阪 390円 大阪~関空 1160円 関空~和歌山 860円 和歌山~王寺 1380円 王寺~神戸 1050円 〆て、4840円ですから、2000円弱ほどはお得に乗車出来たと考えて良いのではないでしょうか?(正確には違いはあるでしょうが・・・)

画して、タイトルにありますように、今回のテーマは、【鉄&空】。 関空では、空を飛ぶ乗り物、飛行機を堪能し、鉄では、大阪南部(和歌山を含む)地域を走破しましたので、過去二回のワンデイ周遊と合わせると、半分以上の路線を制覇した事になります。
帰り際、今度はどこを回ろうか?との息子の問に、この子がいつまでこの様な旅に親の私を必要とするのか? いつまでもついて行きたい気もするし、早々に一人立ちする事を望む気もするし・・・複雑な気持ちです。

春の関西1dayパス 6月3日(日)までご利用になれます。 お一人で、ご家族で、行楽の一つに如何でしょうか?

 
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kobeniku.blog74.fc2.com/tb.php/832-f72146bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。