二九の会活動記録
神戸・大阪を拠点にさまざまな業種に従事する30代40代の優秀な人材の為の異業種交流会の活動記録と会の事務局からの情報発信
カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



Twitter on FC2



月別アーカイブ



FC2カウンター



プロフィール

二九の会

Author:二九の会
「新 神戸二九の会」事務局の歌野です。
この会は、神戸・大阪を拠点にし、30代~40代前後のサラリーマンまたは個人事業主、中小企業の経営者など多方面で活躍されている中堅と言われる方々の異業種交流会です。
普段接する機会の無い(少ない)業種の方との語らいにより、自らの事業やビジネスに活かすヒントになったり、自分は経験した事のない事を知っている人が居る・・・など、動機はさまざまでしょうが、2~3ヶ月に一度ぐらいは、大騒ぎしながら、語らい合いましょう!



最近のコメント



最近の記事



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11.04.25 あれから6年
 2005年4月25日午前9時18分ごろ宝塚発 JR東西線経由 学研都市線 同志社前行きの上り快速電車が、塚口-尼崎間の曲線で脱線し、107名の尊い命を犠牲にした事故がありました。

 昨年もその前も同じ書き出しで記事にしました。
 6年前の今日、列車の事故としては、戦後4番目、戦中・戦前に遡っても7番目の大惨事となりました。

 春の新入学・進級・新入社・新転地での新生活・・・から、5月のGWを控えたこの時期の事故に、被害者及び被害者家族にとっては、未だ気持ちの癒されぬ日々を過ごして来られた事と思います。

 先の震災関連の報道に比べ、当然と言えばそれまでですが、当脱線事故の報道の少なさに憤りを感じる人も少なくないのではないでしょうか・・・。 しかし、この事故の事を決して風化させる事無く、教訓にし、今後二度と同じ過ちを決して繰り返さない!と言う決意を示して頂きたいと思います。

 さて、私の感じる最近のJRさんは、少しずつ変わって来ている様にも感じます。 特に安全に対する意識は、ややもすれば、少しやり過ぎ?って思う事もあります。
 雨の日・風の日などは、特にダイヤが乱れます。 運転士や運行を管理する人の安全に対する意識が高まっているからこそ、と私などは、それも致し方なし・・・と思います。
 しかし、中にはそれをおもしろく思わない人も沢山いる事に気が付かされます。 特に年配の人に多い様に感じます。 ある人は、車掌さんに、駅員さんに食ってかかる人も見掛けます。
 確かに、ダイヤ通りに運行していれば、間に合った約束の時間に遅れる事は、社会人として、また、ビジネスマンとしては、相手のある事なのでマナーに反する事かも知れませんので、お怒りの気持ちも判ります。
 しかし、だからと言って、私は、あの様な惨事を二度と見たくありませんし、まして、自分がその犠牲になるのもイヤです。だから、黙って、運行再開するのを待ちますし、約束先様には、その旨、ご説明し納得して頂くしかありません。

 また、何度も書いていますが、乗客のマナーにも問題は多いです。 特に駆け込み乗車は危険でもあり、ダイヤの乱れに繋がります。 雨の日の傘の差し方、ホームでの立ち位置などもそうです。

 くどくどと言うつもりはありません、マナーを守って、快適で安心・安全な公共交通機関であり続けて欲しいと思います。その為には、乗客自らが理解し無くてはなりませんね~。

 被害に遭われた方々へ謹んでご冥福をお祈り致します。


スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kobeniku.blog74.fc2.com/tb.php/813-4dfcaeed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。