二九の会活動記録
神戸・大阪を拠点にさまざまな業種に従事する30代40代の優秀な人材の為の異業種交流会の活動記録と会の事務局からの情報発信
カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



Twitter on FC2



月別アーカイブ



FC2カウンター



プロフィール

二九の会

Author:二九の会
「新 神戸二九の会」事務局の歌野です。
この会は、神戸・大阪を拠点にし、30代~40代前後のサラリーマンまたは個人事業主、中小企業の経営者など多方面で活躍されている中堅と言われる方々の異業種交流会です。
普段接する機会の無い(少ない)業種の方との語らいにより、自らの事業やビジネスに活かすヒントになったり、自分は経験した事のない事を知っている人が居る・・・など、動機はさまざまでしょうが、2~3ヶ月に一度ぐらいは、大騒ぎしながら、語らい合いましょう!



最近のコメント



最近の記事



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11.03.12 東北太平洋沖地震
 各位殿

 昨日、14時46分頃に三陸沖にて発生した、M8.8と言われる世界的にみても例の少ないと言われる程の大地震により、太平洋側、東北地方各県から関東地方各県に於いて甚大な被害をもたらしております。
 昨夕頃から、各局の報道により、次々と流される映像はどれをとっても凄惨な現状を映しており、改めて被害の大きさを物語っております。
 皆さまのご親族、友人・知人の中に被害に遭われた方の無い事を切に願っております。

 それにしても、これほどまでの大きな災害を誰が予測されたでしょうか?
 95年の「阪神淡路大震災」を経験した我々にしても、今回の大津波による被害に関しては、想像を絶するものがあります。沿岸部に駐められていた車は次々に流され、立派な住宅ですら建物ごと基礎から分断されて波に飲み込まれ、押し流され、引き戻され、ついには瓦礫となって海の藻屑となっていく光景には言葉を失ってしまいます。
 また、周囲を水に取り囲まれ孤立し、屋上にて救援を待つ被災者の姿が映し出されます。 恐らく、誰もが救いの手を差し伸べたいと思っているはずですが、報道のヘリではどうする事も出来ないのか? 手を振る人達を虚しく見守るしかありません。

 こんな時、何か出来る事は無いか? と、いつも思いますが、何も持たず・何も出来ない自分を、如何に非力でちっぽけな人間であるかを認めざるを得ません。

 願わくは、一刻も早く、あらゆる手段を持って救援して頂ける様、切に願います。


スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kobeniku.blog74.fc2.com/tb.php/795-1848f1ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。