二九の会活動記録
神戸・大阪を拠点にさまざまな業種に従事する30代40代の優秀な人材の為の異業種交流会の活動記録と会の事務局からの情報発信
カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



Twitter on FC2



月別アーカイブ



FC2カウンター



プロフィール

二九の会

Author:二九の会
「新 神戸二九の会」事務局の歌野です。
この会は、神戸・大阪を拠点にし、30代~40代前後のサラリーマンまたは個人事業主、中小企業の経営者など多方面で活躍されている中堅と言われる方々の異業種交流会です。
普段接する機会の無い(少ない)業種の方との語らいにより、自らの事業やビジネスに活かすヒントになったり、自分は経験した事のない事を知っている人が居る・・・など、動機はさまざまでしょうが、2~3ヶ月に一度ぐらいは、大騒ぎしながら、語らい合いましょう!



最近のコメント



最近の記事



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10.10.08 尖閣問題のつけ
 先月のこの問題勃発以降、さまざまなところで取り沙汰されていますが、我家に於いては、徐々に、本当に深刻な問題となって来ております。
 先般も少しお伝えしておりますが、改めて、問題提起致します。

 まず、子供の通う学校の運動会の前日は、黒塗りの街宣車が周辺を走っていたそうです。次に、学校の窓ガラスが数枚、投石によるものと思われるにより、破損しております。その後、周辺を職員、父兄、県警によるパトロールの強化がなされておりましたが、この度、ついに、何者かによる脅迫の電話が掛って来たそうです。
 内容は、ご想像にお任せしますが、子供達の身の安全に関わる事である、とだけ申し上げておきます。

 この問題に関し、私も日本人である以上、中国政府の対応に対し、憤りを感じている事に変わりはありませんが、日本政府の対応にも問題がある事も事実であると感じています。
 しかし、日本で生まれ、日本で生活している者、特に子供達には、何ら罪も責任もありません。
 また、その子供達が親元を離れ、勉学に勤しむ学び舎に対する攻撃は、卑劣としか言いようがありません。

 一刻も早く、安心して通学出来る環境を取り戻して欲しいものです。

 尚、昨日、ある人が言っていました。
 今の報道を賑わせている、検察の諸問題、オザワの起訴問題、等々は、この尖閣の問題から国民の目線を逸らそうと言う国策の可能性がある・・・と言っていました。
 ある意味、そうかも知れません。

 が、しかし、そんな事では、何の問題解決にはなり得ません。
 先般、カン首相は、ASEM首脳会議に出席なさいました。その際、温首相とも顔を合わせたはず、会談の予定はない、との事でしたが、偶然に実現した、”懇談”はあったそうだ・・・。何をどんな風に話し合ったのか?
 一国の首相として、リーダーとして、先の様な現実を踏まえた話をされたのか?いささか、不甲斐ない、場当たり的な外交では、益々、日本は窮地に立たされ、国民の安全は保たれないのではないでしょうか?

 子供達の事が心配でなりません・・・


本日の体重: 朝 65.1kg  ・・・停滞気味です・・・

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kobeniku.blog74.fc2.com/tb.php/677-9db07bc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。