二九の会活動記録
神戸・大阪を拠点にさまざまな業種に従事する30代40代の優秀な人材の為の異業種交流会の活動記録と会の事務局からの情報発信
カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



Twitter on FC2



月別アーカイブ



FC2カウンター



プロフィール

二九の会

Author:二九の会
「新 神戸二九の会」事務局の歌野です。
この会は、神戸・大阪を拠点にし、30代~40代前後のサラリーマンまたは個人事業主、中小企業の経営者など多方面で活躍されている中堅と言われる方々の異業種交流会です。
普段接する機会の無い(少ない)業種の方との語らいにより、自らの事業やビジネスに活かすヒントになったり、自分は経験した事のない事を知っている人が居る・・・など、動機はさまざまでしょうが、2~3ヶ月に一度ぐらいは、大騒ぎしながら、語らい合いましょう!



最近のコメント



最近の記事



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10.10.02 2周年
 タイトルの「2周年」は、私でも弊社でも無く、私の顧客である、某小児科医院さんの2周年になります。実は、2年前の10月1日に開院致しました。
 そして、今日は、その医院さんの周年記念パーティーにお呼ばれ致しました。
 
 実は、昨年の1周年の時もお呼ばれしています。⇒去年の記事
 ちなみに去年は、”カニ料理”でした。

 そして、今年は、去年にも増して、盛大なパーティーとなりました。
 場所は、芦屋。
 それも、一説には、『芦屋のドバイ』と呼ばれるコチラ のリストランテ『IL giardino(イル・ジャデーノ)』と言う、それは素晴らしいイタリアンレストランでした。

 さすがに、芦屋のドバイと言われるだけあって、ライトアップされた建物は、「ここはどこ?」って思うほどで、中は中で、リゾートホテルを思わせるデザインになっており、中ほどには水辺に噴水、その周りにはゆったりとしたソファーが並べられ、まるで映画に出て来るような施設でした。 (写真でお見せ出来ないのが、残念 ^_^; )

 お料理は、前菜から、魚、肉(2種類)、パスタ・・・、お腹一杯です。ダイエット中の身には、誠にきつい!!でも、美味しい事!最後にデザートが出た時には、既にキャパオーバーしておりました。
 それにしても、こんなに食べたのは、久し振りです。

 写真をお見せ出来ないのは、いろいろと訳ありまして・・・  すみません。

 それにしても、異空間ですね。 結婚式場としてや、大小宴会にも使われているとの事。駅から少々遠いのが難点ですが、愛を育むこれからって言うカップル、円熟実を帯びた熟年カップル、隠れて密会する不倫カップル・・・などなど、お金に余裕のある方は是非!!セレブになった気分だけでも味わい下さい。

 まあ、それにしても、こちらの院長夫妻には、いつも頭が下がります。
 もともと、医者の家系で無い院長は、庶民的な感覚を今も持ち続け、行きつけのお店は、「餃子の王将」に、「もっこすラーメン」などなど、夫婦揃って、お金には無頓着です。だから、こういった記念のイベントには身内、関係者、業者であっても日頃から付き合いの深い者に対しては、惜しみない還元をして頂いています。

 開業から2年、経営的には何ら心配する必要の無い程、順調に推移しています。こういった姿を見る事が、我々、お手伝いをさせて頂いたものにとっては、一番うれしい瞬間でもあります。
 また、来年も再来年もこれからもず~っと、お呼ばれしたいと思います。

芦屋市朝日ヶ丘町1-1 芦屋ガーデンヒルズ
トラットリア 「IL giardino(イル・ジャデーノ)」
0797-25-2865
JR芦屋駅より、北へ約15分


本日の体重: 朝 65.3kg  ・・・なかなかですな~!明日の朝が怖い ^_^;

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kobeniku.blog74.fc2.com/tb.php/670-ff23e7b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。