二九の会活動記録
神戸・大阪を拠点にさまざまな業種に従事する30代40代の優秀な人材の為の異業種交流会の活動記録と会の事務局からの情報発信
カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



Twitter on FC2



月別アーカイブ



FC2カウンター



プロフィール

二九の会

Author:二九の会
「新 神戸二九の会」事務局の歌野です。
この会は、神戸・大阪を拠点にし、30代~40代前後のサラリーマンまたは個人事業主、中小企業の経営者など多方面で活躍されている中堅と言われる方々の異業種交流会です。
普段接する機会の無い(少ない)業種の方との語らいにより、自らの事業やビジネスに活かすヒントになったり、自分は経験した事のない事を知っている人が居る・・・など、動機はさまざまでしょうが、2~3ヶ月に一度ぐらいは、大騒ぎしながら、語らい合いましょう!



最近のコメント



最近の記事



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10.07.14 廃藩置県
 昨日の当ブログを読んだ訳ではないと思いますが、某紙のコラムに「タコのパウル君」の話題が載っていた。コラムには、誰も予想出来なかった、日本代表の1次リーグ突破と、スペインの優勝の件と、民主の獲得議席数の事を例に出し、カン政権の9月崩壊を予測する・・・みたいな内容だった。
 それにしても、かつての政権与党の歴代党首は、選挙で大敗すると責任を取って辞任するケースが多かったが、さすがに先月就任したばかりのカンさんに責任を取れ!ってのも酷な気もするが、選挙で落選した千葉法相の留任はどうなの・・・?って感じがする。

 それはさておき、1853年の今日、浦賀沖に現れた米国からの4隻の黒船から、ペリー提督が久里浜に上陸し、時の将軍に親書を渡したとされる日です。そして、翌年、再訪したペリーとの間で「日米和親条約」が交わされ、これにより、日本の鎖国は終了した訳です。
 尚、それから18年を経て、同じ日、時の明治政府は、それまで『藩』と呼んでいた自治体(?)を廃止し、3府302県を置き、中央政府より各県に知事を派遣し、中央集権国家の確立を目指した。
 この事からも解る様に、ニホンは古くより、中央の役人が権力と金を握り、地方に押し付け支配しようとしていた事が窺える。
 私が思うに、地方に財源と権限を委譲し、”小さな政府”を目指すべきで、そうする事によって、役人も政治家もグッと数を減らせられる。 また、行く行くは、道州制を敷き、地方の特色を活かしたさまざまな特区を設けるべき!と思います。
 
 それにしても、今回の参院選では、この10ヶ月間デタラメな政権運営を行った与党ではダメだ!との判断を下した訳です。その事を真摯に受け止め、もっともっと国民の声を聞いて欲しいと思います。
 カンさんもぶら下がりの記者団の質問に、ボーっとした答えをしてるんじゃなくって、人の話をよ~~く聴かなあきませんよ!
*(記者の「首相続投の声が5割を超えているが、支持率は30%台に落ち込んでいる。どのように受け止めるか?」の質問に、「大変うれしい!」と答えた。後に、訂正するが、人の話を聞いていない証拠)



スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kobeniku.blog74.fc2.com/tb.php/606-f608b822
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。