二九の会活動記録
神戸・大阪を拠点にさまざまな業種に従事する30代40代の優秀な人材の為の異業種交流会の活動記録と会の事務局からの情報発信
カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



Twitter on FC2



月別アーカイブ



FC2カウンター



プロフィール

二九の会

Author:二九の会
「新 神戸二九の会」事務局の歌野です。
この会は、神戸・大阪を拠点にし、30代~40代前後のサラリーマンまたは個人事業主、中小企業の経営者など多方面で活躍されている中堅と言われる方々の異業種交流会です。
普段接する機会の無い(少ない)業種の方との語らいにより、自らの事業やビジネスに活かすヒントになったり、自分は経験した事のない事を知っている人が居る・・・など、動機はさまざまでしょうが、2~3ヶ月に一度ぐらいは、大騒ぎしながら、語らい合いましょう!



最近のコメント



最近の記事



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10.07.07 七夕
 このところ連日、「今日は何の日?」が続いていますが、7月7日は、ご存知 『七夕』です。
 「昨年の記事」をご参照下さい。
 昨年は、曇り空だったので、1年に一度の逢瀬が叶ったかどうか?は、定かではありませんが、今年はどうでしょうか・・・?

 さて、全国各地では、さまざまな祭りやイベントの催しが企画されている様ですが、一般的によく知られている、願い事を記した短冊を笹に飾る・・・と言う風習はいつ頃から始まったのでしょうか?
 江戸時代後期の人として、『東海道五十三次』などの浮世絵師として有名な歌川広重(安藤広重)の作、名所江戸百景の中にも、「市中繁栄七夕祭」として、笹にいろんな物がぶら下がっている画が描かれています。

 また、仙台など東北地方には、この日、”そうめん”を食べる風習もあるようで、そのいわれは、機織りの上手であった、織姫にちなみ、機織りや裁縫が上手になる様にとの願いを込めて、糸に見立てた”そうめん”を食すんだそうです。
 尚、近年、外国では、織姫と彦星にちなみ、恋人同士がプレゼント交換をする日・・・とされているところもある様です。ちなみに、「サマーバレンタインデー」と言うんだそうです。
 恐らくは、商魂逞しい、商人(?)が考え付いて、都市伝説的に広めたものかと思いますが、それはそれで良いのかもしれません。

 先般、地球から5億km離れた、「イトカワ」から帰還した「はやぶさ」、国際宇宙ステーションに半年も滞在出来る様になった現代、天体のロマンを語るには・・・(^^ゞ と言ったところもありますが、今日ばかりは、空を見上げて見るのも良いかも知れませんね~ (^^)v



スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kobeniku.blog74.fc2.com/tb.php/599-d2cd33a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。