二九の会活動記録
神戸・大阪を拠点にさまざまな業種に従事する30代40代の優秀な人材の為の異業種交流会の活動記録と会の事務局からの情報発信
カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



Twitter on FC2



月別アーカイブ



FC2カウンター



プロフィール

二九の会

Author:二九の会
「新 神戸二九の会」事務局の歌野です。
この会は、神戸・大阪を拠点にし、30代~40代前後のサラリーマンまたは個人事業主、中小企業の経営者など多方面で活躍されている中堅と言われる方々の異業種交流会です。
普段接する機会の無い(少ない)業種の方との語らいにより、自らの事業やビジネスに活かすヒントになったり、自分は経験した事のない事を知っている人が居る・・・など、動機はさまざまでしょうが、2~3ヶ月に一度ぐらいは、大騒ぎしながら、語らい合いましょう!



最近のコメント



最近の記事



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10.06.16 QOL(生活の質)
 サッカーW杯南アフリカ大会4日目の14日(月)、日本VSカメルーン戦において、日本代表は、1-0 で勝利を収めた。近年、良いニュースが少なく、季節はジメジメとした梅雨に入ったばかり・・・そんな時、久し振りに日本中が沸き、あまり期待されていなかった大会が一気に盛り上がりを見せ、何と視聴率は、45%を超える高視聴率だったそうです。また、家電量販店では、HDレコーダーなどが飛ぶように売れているんだそうです。

 さて、そんな中、弊社のWEBサイトをご覧の方は、ご存知かも知れませんが、『QOL(クオリティーオブライフ)』という言葉があります。つまり、直訳すると、”生活の質”となりますが、この度、米国のコンサルタント会社が、世界221都市の「生活の質ランキング」を調査した結果を発表したんだそうです。
 今回、世界で最も質の高い生活を送れる都市として評価の高かったのは、2年連続で、ウィーンだったそうです。スイスのチューリッヒ・ジュネーブが2位、3位と続き、欧州の各都市が上位を占め、我が日本では、東京が40位、神戸・横浜が共に41位なんだそうです。
 同社は毎年、政治、経済情勢や治安、医療、教育、交通、自然災害など、39 のチェック項目に基づき各都市を調査。ウィーンは治安の良さや政治の安定性、市内に巡らされた公共交通機関網などが評価され、昨年に続き首位となったんだそうです。

 神戸の221都市中41位の評価をどう受け止めるか?皆さんは、どう思われますか?
 他国の政情不安を抱える地域や都市に比べれば、そうなのかも知れませんが、震災以降の傾いたままの経済、1年ももたない政権、犯罪の凶悪化・低年齢化、いじめや自殺の問題・・・
 
 住みやすい街、質の高い生活の送れる街とは・・・?
 人によって感じ方や受け止め方は違うとは思いますが、いつか、我街 神戸が”ベスト10 ”に入る様、我々が努力しなければならないんだろうな~と、感じました。


スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kobeniku.blog74.fc2.com/tb.php/578-3475e602
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。