二九の会活動記録
神戸・大阪を拠点にさまざまな業種に従事する30代40代の優秀な人材の為の異業種交流会の活動記録と会の事務局からの情報発信
カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



Twitter on FC2



月別アーカイブ



FC2カウンター



プロフィール

二九の会

Author:二九の会
「新 神戸二九の会」事務局の歌野です。
この会は、神戸・大阪を拠点にし、30代~40代前後のサラリーマンまたは個人事業主、中小企業の経営者など多方面で活躍されている中堅と言われる方々の異業種交流会です。
普段接する機会の無い(少ない)業種の方との語らいにより、自らの事業やビジネスに活かすヒントになったり、自分は経験した事のない事を知っている人が居る・・・など、動機はさまざまでしょうが、2~3ヶ月に一度ぐらいは、大騒ぎしながら、語らい合いましょう!



最近のコメント



最近の記事



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10.06.08 地鎮祭
 昨日、生憎の曇天の中、県内某所にて、「地鎮祭」を取り行って参りました。

 建築系のお仕事の方、かつてご自宅や店舗・事務所などを建てられた事のある方にはご説明の必要は無いかと思いますが、「地鎮祭」とは、ジチンサイとも、トコシズメノマツリとも言われ、その土地に宿る大神たちを鎮め、その土地を利用させてもらう事の許しを得、工事の安全を祈願し、えいえいに栄える事をお祈りする儀式の事です。
  豆知識・・・地鎮祭の流れの一つに、お施主さんが鍬を入れる、穿初(うがちぞめ)の儀、施工者が鋤を入れる地曳(じびき)の儀と言うのがあります。それぞれ、三回とも「エイエイエイ」と掛け声を掛けながらするのですが、この「エイ」には、「永遠」の永と、「栄える」の栄が掛っており、「永遠に栄える様に・・・」との願いを込めてやるんだそうです。

 この土地は、私が某社に在籍している頃、所有者の方より、いずれ”喪”が明けた暁には、「あんたに任せるからな!」と言って託されていた土地です。
 それから、10数年の歳月を経て、今年2月に喪が明け(=自由に利用出来る様になった事の比喩)、晴れて貸店舗として建築が可能となりました。
 さまざまな経緯があり、必ずしも、私だけの力でここに至った訳では無く、多くの人の手を借り力を借りて、今日に至った訳で、土地の所有者の方を始め、関わった多くの人に感謝の気持ちを忘れてはならないと思います。

 また、今月半ば過ぎより、現場は着工致します。
 地鎮祭により、土地の大神たちの許しを得た、とは言うものの、現場に係る多くの職人さん達には、十分に安全に配慮頂き、無事、完成に導いていって欲しいと思います。

 ちなみに、完成は10月の末を予定しており、店舗のオープンは、11月初旬を予定しております。

IMG_0209_1.jpg
 


スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kobeniku.blog74.fc2.com/tb.php/571-b0c96942
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。