二九の会活動記録
神戸・大阪を拠点にさまざまな業種に従事する30代40代の優秀な人材の為の異業種交流会の活動記録と会の事務局からの情報発信
カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



Twitter on FC2



月別アーカイブ



FC2カウンター



プロフィール

二九の会

Author:二九の会
「新 神戸二九の会」事務局の歌野です。
この会は、神戸・大阪を拠点にし、30代~40代前後のサラリーマンまたは個人事業主、中小企業の経営者など多方面で活躍されている中堅と言われる方々の異業種交流会です。
普段接する機会の無い(少ない)業種の方との語らいにより、自らの事業やビジネスに活かすヒントになったり、自分は経験した事のない事を知っている人が居る・・・など、動機はさまざまでしょうが、2~3ヶ月に一度ぐらいは、大騒ぎしながら、語らい合いましょう!



最近のコメント



最近の記事



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10.05.28 「RAIL WAYS」
 ここのところ暑くなったり、肌寒い日があったり・・・と、もうすぐ6月だというのに、季節感の無い日々が続いておりますが、皆様におかれましては、如何お過ごしでしょうか・・・?

 さて、今日は、明日(29日)、全国一斉ロードショーとなります映画『RAIL WAYS ~49歳で電車の運転士になった男の物語~』について、ご紹介致します。⇒「公式サイト」

 中井貴一扮する主人公:肇は、東京の一流企業に勤めるサラリーマン、昇進が内定するなど、順風満帆の生活を送っていた、そんな矢先、故郷の島根県に住む母親が倒れる、時を同じくして、親しかった会社の同僚が交通事故で亡くなる・・・など、今後の人生を考える契機となる出来事があり、自分の子供の頃の夢であった、「一畑電車」の運転士になる事を実現すべく、会社を辞め、故郷に帰る・・・と言うストーリーなんだそうです。

 ちなみに、この映画に出演しています、”肇”の同僚の新人運転士役:宮田大吾(三浦貴大)は、ご存知の三浦友和・山口百恵の二男である事でも話題になっております。

 話を元に戻しまして、この作品について、観た訳でも無いので、多くを語れるほどの知識は持ち合わせておりませんが、前評判を見聞きすると、身につまされる内容の様に思いました。
 『夢』とは?何なんでしょうね・・・? 皆さんは、『夢』をお持ちですか? かつての『夢』って、何でした? もしかしたら、鉄道部会の”鉄ちゃん”の中には、同じように電車の運転士さん・車掌さんを『夢』見ておられた方もいらっしゃるのではないでしょうか? うちの坊も今よりも小さい頃は言っていました。^_^;
 勿論、小さい頃からの『夢』を実現されている方って、実際には、そう多くは無いのだと思います。可く言う私も、かつては多くの『夢』を見ていました。また、時と共に変わっていくのも現実だと思います。
 
 我々、60年代~70年代生まれの世代にとっては、企業に於いても、社会的にも中堅どころとして、また、家庭や家族を持ち、守るべきものが増えて来る年代だと思います。
 この主人公の様に、これまで築き上げた地位や名誉をなげうって、故郷に帰り、自分の子供に近い世代の者達と同じように研修を受ける・・・いくら、かつての憧れの職に就くとしても、なかなかそこに踏み出すのは勇気がいる事だと思います。
 いろいろな生き方があり、人生を掛けて”これっ!”と思えるものに巡り合えた人は、ある意味幸せだと思いますし、その時に、どうするのか? 一度しかない人生、悔いを残す事は、出来る事なら避けたいな~と思います。

 私、是非、この映画は映画館で観てみたいと思います。”鉄”な方も、そうでない方も・・・如何でしょうか?
*決して、まわし者では、ありません・・・(^^ゞ



スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kobeniku.blog74.fc2.com/tb.php/557-9f53aaa9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。