二九の会活動記録
神戸・大阪を拠点にさまざまな業種に従事する30代40代の優秀な人材の為の異業種交流会の活動記録と会の事務局からの情報発信
カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



Twitter on FC2



月別アーカイブ



FC2カウンター



プロフィール

二九の会

Author:二九の会
「新 神戸二九の会」事務局の歌野です。
この会は、神戸・大阪を拠点にし、30代~40代前後のサラリーマンまたは個人事業主、中小企業の経営者など多方面で活躍されている中堅と言われる方々の異業種交流会です。
普段接する機会の無い(少ない)業種の方との語らいにより、自らの事業やビジネスに活かすヒントになったり、自分は経験した事のない事を知っている人が居る・・・など、動機はさまざまでしょうが、2~3ヶ月に一度ぐらいは、大騒ぎしながら、語らい合いましょう!



最近のコメント



最近の記事



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10.05.04 言葉の重み
 今日は、余計なマクラを抜きに、本題から入ります。

 昨年の政権交代から8ヶ月、首相になって初めて、沖縄の地を訪れた”ハト山”総理大臣。今日の報道ニュースのトップは全て、この件一色です。
 暑い夏の選挙の折、沖縄の基地移設問題に関し、「国外移転、最低でも県外移転!」を声高らかに訴えておりました。県民もその言葉を信じ、現政権与党の議員が全ての選挙区で勝った。

 そして、現地で語った言葉が、「県内移設をお願いせざるを得ない」 である。

 地元、沖縄の民意は、”基地の無い、沖縄” 判り切った事である。
 それを今になって語った言葉は、『公約違反では無く、党の考えではなく、個人的な思いであり、浅かった・・・』である。
 怒ると言うより、悲しくなった。

 私は、何度も言っている様に、沖縄が大好きだ。
 
 でも、本当に申し訳ないと思いますが、基地はやっぱり、沖縄になければダメなんだと思います。(お叱りを承知で申し上げます。)
 そして、その事を総理は、総理になった瞬間に、間を置かずに、沖縄に渡り、県民の方々に誠心誠意お願いするしかなかったんだと思います。
 今日の会談で、総理は勉強不足であった・・・とおっしゃっておられましたが、私でも判る事が判らなかったはずはありません。(お母さんからの献金が判らなった人だから、あり得るか?)

 真っ白い肌に、かりゆしウェアーが似合わないのは、ご愛敬としても、今日の訪沖は、一層支持率低下を招いたのではないでしょうか?
 
 全く、あの人に”言葉の重み”などと言う資格はないと思います。軽過ぎます。

 皆さんはどう思われますか???


スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kobeniku.blog74.fc2.com/tb.php/531-25df334b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。