二九の会活動記録
神戸・大阪を拠点にさまざまな業種に従事する30代40代の優秀な人材の為の異業種交流会の活動記録と会の事務局からの情報発信
カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



Twitter on FC2



月別アーカイブ



FC2カウンター



プロフィール

二九の会

Author:二九の会
「新 神戸二九の会」事務局の歌野です。
この会は、神戸・大阪を拠点にし、30代~40代前後のサラリーマンまたは個人事業主、中小企業の経営者など多方面で活躍されている中堅と言われる方々の異業種交流会です。
普段接する機会の無い(少ない)業種の方との語らいにより、自らの事業やビジネスに活かすヒントになったり、自分は経験した事のない事を知っている人が居る・・・など、動機はさまざまでしょうが、2~3ヶ月に一度ぐらいは、大騒ぎしながら、語らい合いましょう!



最近のコメント



最近の記事



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10.03.10 東京大空襲

 1945年3月10日、日付の変わった直後の0時07分、B-29爆撃機325機により、首都東京上空より爆撃が開始されました。今から65年前の今朝の出来事です。
 また、この日は、陸軍記念日であった事から、米軍はこの日を選んで攻撃した、とされる説もあるようですが、米国の記録では確認されていないそうです。

 この日、米軍が使用したのは、高性能焼夷弾であったとされ、僅か、2時間半あまりの間に、38万1300発、1783トンにのぼったそうです。また、この日、冬型の気圧配置により、強い北西の季節風が吹いており、この強風が以下の条件と重なり、大きな被害をもたらした。
 尚、この攻撃により、死者・行方不明者は、8万3000名余りと公表されていますが、その後の調査により、10万人を超える被害があったものと見られています。また、被災者は、何と100万人余り、被災家屋は、26万8000戸余りとされています。焼失した面積は、41平方キロメートルと言われ、当時の東京市街地の東半分を失ったと言われています。
 尚、計100回以上にも及ぶ空襲を受けた東京ですが、最終的には東京都全域の約50%を焼失しましたが、市街地であっても、焼失を免れた地域がところどころあります。その一つに、米国ロックフェラー財団の寄付により建てられた図書館のある、東京帝国大学周辺や築地付近が残ったのは、アメリカ聖公会の建てた聖路加国際病院があったからだとも言われているそうです。

 多くの人と財産を犠牲にし、その年の8月に終戦を迎える事となった訳ですが、この事に付き、いろいろと言いたい事もありますが、ここでのコメントは差し控えさせてもらいます。

 終戦後、日本は焼け野原から目覚しい復興を遂げ、今に至る訳ですが、その影には、日本の安全保障の問題を全てアメリカに背負ってもらっていたと言う現実もあります。
 沖縄の米軍基地移設の問題、非核三原則の密約問題、平和の象徴とされるハトに求められるのは、毅然としたリーダーシップではないでしょうか?

 

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kobeniku.blog74.fc2.com/tb.php/467-0a1a8c5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。