二九の会活動記録
神戸・大阪を拠点にさまざまな業種に従事する30代40代の優秀な人材の為の異業種交流会の活動記録と会の事務局からの情報発信
カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



Twitter on FC2



月別アーカイブ



FC2カウンター



プロフィール

二九の会

Author:二九の会
「新 神戸二九の会」事務局の歌野です。
この会は、神戸・大阪を拠点にし、30代~40代前後のサラリーマンまたは個人事業主、中小企業の経営者など多方面で活躍されている中堅と言われる方々の異業種交流会です。
普段接する機会の無い(少ない)業種の方との語らいにより、自らの事業やビジネスに活かすヒントになったり、自分は経験した事のない事を知っている人が居る・・・など、動機はさまざまでしょうが、2~3ヶ月に一度ぐらいは、大騒ぎしながら、語らい合いましょう!



最近のコメント



最近の記事



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10.03.03 桃の節句

 本日、3月3日は、言うまでも無く、「桃の節句」「雛祭り」の日です。
 女のお子さんがいらっしゃるお家では、既に、雛人形などが飾られている事でしょう。

 「桃の節句」は、『上巳(ジョウシ・ジョウミ)』と言われ、元々は、3月上旬の巳の日だったんだそうですが、後に、3月3日となったそうです。また、旧暦のこの時期は、桃の花の咲く時期と言う事で、桃の節句と言われるようになったんだそうです。
 また、「雛祭り」の起源としては、京の貴族階級の子女たちから始まり、江戸時代には庶民の間で紙人形の遊びから発展したんだそうで、紙製の小さな人形に穢れ(ケガレ)を移し、それを海や川に流して災厄を祓う祭礼になったんだそうです。尚、この風習は、現在でも「流し雛」として各地で残っています。

 尚、現在では(?)、雛人形の飾りをいつまでも残しておくと、嫁に行き遅れる・・・などと言います。
 なるほど、それで、うちの妹は、未だに独身なのか~と、変に納得してしまいます。

 娘を嫁に出したく無いお父さん方は、いつまでも片付けずにおいて置くと良いそうです。(^_^)v

 

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kobeniku.blog74.fc2.com/tb.php/459-c1269725
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。