二九の会活動記録
神戸・大阪を拠点にさまざまな業種に従事する30代40代の優秀な人材の為の異業種交流会の活動記録と会の事務局からの情報発信
カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



Twitter on FC2



月別アーカイブ



FC2カウンター



プロフィール

二九の会

Author:二九の会
「新 神戸二九の会」事務局の歌野です。
この会は、神戸・大阪を拠点にし、30代~40代前後のサラリーマンまたは個人事業主、中小企業の経営者など多方面で活躍されている中堅と言われる方々の異業種交流会です。
普段接する機会の無い(少ない)業種の方との語らいにより、自らの事業やビジネスに活かすヒントになったり、自分は経験した事のない事を知っている人が居る・・・など、動機はさまざまでしょうが、2~3ヶ月に一度ぐらいは、大騒ぎしながら、語らい合いましょう!



最近のコメント



最近の記事



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10.02.03 節分

 本日、2月3日は『節分』、小さなお子さんの居る家庭では、大体、父親が家に帰ると、嫁と子供達から「鬼は~外!福は~内!」と、豆を投げ付けられるのでは無いでしょうか・・・?

 そもそも、節分(セツブン・セチブン)とは、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日の事を言い、季節を分けると言う事を意味しています。
 そして、現在は、2月3日とされていますが、1984年までは、4年に1度のうるう年には、2月4日になっていました。また、将来は、2月2日になる年もあるようです。

 また、先にも出ました「豆まき」に関しては、「豆」は「魔滅」に通じ、豆を鬼にぶつけ、邪気をはらい、一年間の無病息災を願う、と言う意味があるそうです。そして、撒かれた豆を自分の年の数より1つ多く食べると、身体が丈夫になり、風邪を引かないと言われています。

 ついでに言いますと、「恵方巻き(エホウマキ)」などと言い、節分に食べると縁起が良いとされる巻き寿司を、その年の恵方(縁起の良い方角:今年は、西南西だそうです)を向いて、眼を瞑り、一言も発せず、願い事を思い浮かべながら丸かぶりすると良い、とされています。
 まぁ、これには、いろんな説があり、関西地方の商人の間から商売繁盛を願い、販促の為の作り話・・・とも言われ、その起源は定かではありません。(バレンタインデーと一緒ですね)
 最近では、お寿司だけでなく、ロールケーキやポッキーなどの丸かぶりお菓子も登場している様です。

 予断ですが、例年であれば、報道などでよく目にする、どこかの神社の境内から、有名人や力士が豆を投げていますが、今話題の横綱:朝青龍は、豆を投げる方ではなく、鬼に扮して、投げられる役になると、世相を反映してて面白いのでは・・・^_^;

 

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kobeniku.blog74.fc2.com/tb.php/424-d509cefc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。