二九の会活動記録
神戸・大阪を拠点にさまざまな業種に従事する30代40代の優秀な人材の為の異業種交流会の活動記録と会の事務局からの情報発信
カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



Twitter on FC2



月別アーカイブ



FC2カウンター



プロフィール

二九の会

Author:二九の会
「新 神戸二九の会」事務局の歌野です。
この会は、神戸・大阪を拠点にし、30代~40代前後のサラリーマンまたは個人事業主、中小企業の経営者など多方面で活躍されている中堅と言われる方々の異業種交流会です。
普段接する機会の無い(少ない)業種の方との語らいにより、自らの事業やビジネスに活かすヒントになったり、自分は経験した事のない事を知っている人が居る・・・など、動機はさまざまでしょうが、2~3ヶ月に一度ぐらいは、大騒ぎしながら、語らい合いましょう!



最近のコメント



最近の記事



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09.12.30 術後経過報告

 久々の更新となりました・・・。

 いよいよ、今年も残すところ、あと2日となりました。
 と言っても、私の場合、何となく、年末と言う実感が湧いてこず、お正月の浮かれた気分にもなれない・・・と言うのが、現状です。

 さて、術後、1週間が経過し、ようやく外へ出る事が出来る様になるまで、回復致しました。
 思えば、遠く長い道程でした・・・。

 術前までの経過は、これまでのご報告の通りなので、今回は、『腰椎椎間板ヘルニアの内視鏡下椎間板摘出術』について、体験を基にレポート致します。

 まず、”腰椎”とは、脊椎の下部(腰の部分)の事を指し、通常1~5番まで番号がついています(人によっては、6番まで)。また、それぞれ、”椎間板”と言われる、いわゆるクッションの役目を果たすものによってサンドイッチされています。
 私の場合、下から仙骨・第5腰椎(L5)・第4腰椎(L4)と続きますが、そのL5とL4の間の椎間板が脱出し、椎骨後方にある”神経根”を圧迫していた訳です。それも、執刀医の先生曰く、これまで見て来た中でも上位に入るほどの脱出量だったそうです。

 そんな事で、この脱出したヘルニア(椎間板=髄核)を摘出する手術をする事になりました。
 尚、この手術は、全身麻酔の上、手術台の上に、うつぶせに寝かされ、先のL5とL4の間にメスを入れ、そこから下の写真(真ん中よりやや上部)の先端が丸く穴の空いた器具を挿入し、部位を固定します。
 次に、内視鏡可視化、この穴の部分に当たる骨を削ります。そうすると、下の写真1 のように患部が見えて来ます。この時点で、既に白いヘルニアが見えて来ます。ます、それを取り除くと、写真2 の(器具の右側)神経が見えて来ます。そして、その神経を更に右側に避けると、写真3 のように更にヘルニアが見えて来ます。写真4 は、脱出したヘルニアを全て取り除いた後の画です。

 この様に、見て気持ちの良いものではありませんが、手術そのものが成功した事は判ります。
 しかし、翌日の退院の時は、まだまだ、とても歩けるような状態では無く、手術の成功を疑いました。その後、術後の経過検診の為、訪院した際に見せて頂いた、術前と術後のMRI の画像では、術前明らかに神経を圧迫していたものが取り除かれていました。ただ、長年、神経を圧迫していた為、神経そのものが炎症を起こしており、その腫れが引くまでは、痛みや痺れを伴うんだそうです。

 そして、先にも申しました通り、術後、1週間が経過し、自力で歩けるようになり、7割方回復したと言えると思います。
 とは言いましても、まだまだ、無理の出来る状態ではありません。何をするにも、通常の2倍くらいの時間が掛かりますし、歩行可能距離も少しずつ延ばして行こうと思います。
 まあ、当分の間は、ボーリングは遠慮しておこうと思います。^_^;

 まだまだ、書き足りないのですが、後は、何かの機会にでもお知らせしようと思います。

 最後になりましたが、この度の事で、皆様には、ご心配・ご迷惑をお掛けしました。
 この場をお借りしまして、お礼とお詫び致します。  m(__)m

神経根ブロック 内視鏡のコピー

 

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kobeniku.blog74.fc2.com/tb.php/396-74e8fc59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。