二九の会活動記録
神戸・大阪を拠点にさまざまな業種に従事する30代40代の優秀な人材の為の異業種交流会の活動記録と会の事務局からの情報発信
カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



Twitter on FC2



月別アーカイブ



FC2カウンター



プロフィール

二九の会

Author:二九の会
「新 神戸二九の会」事務局の歌野です。
この会は、神戸・大阪を拠点にし、30代~40代前後のサラリーマンまたは個人事業主、中小企業の経営者など多方面で活躍されている中堅と言われる方々の異業種交流会です。
普段接する機会の無い(少ない)業種の方との語らいにより、自らの事業やビジネスに活かすヒントになったり、自分は経験した事のない事を知っている人が居る・・・など、動機はさまざまでしょうが、2~3ヶ月に一度ぐらいは、大騒ぎしながら、語らい合いましょう!



最近のコメント



最近の記事



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09.11.15 七五三

 皆さんもご承知の通り、11月15日は「七五三」の日です。

 男の子は、数えで3歳と5歳の年、女の子は、3歳と7歳の年に、成長を祝って神社や寺へ詣でる行事とされております。我家では、既に7歳となった男の子ですので、関係ないと言えば関係ないのですが、近所の湊川神社などで着飾った子供達を微笑ましく拝見しているこの頃です。

 そもそも、この行事は、かつて、栄養事情が悪く、健康への知識の不足、貧困などが原因で、乳幼児が成人する確立が極めて低かった事から、乳幼児の節目節目に於いて、成長への感謝の気持ちと健康を祝い願うものとされています。
 尚、3歳は、髪を伸ばす「髪置(かみおき)」、5歳は、初めて袴をつける「袴着(はかまぎ)」、7歳は、それまでの紐付きの着物に代わって、本仕立ての着物と丸帯という大人の装いをする「帯解(おびとき)・紐落(ひもおとし)」の名残りであるとされ、3歳で言葉、5歳で知恵、7歳で歯を神から授かる事を感謝するとされる地方もあると言う。
 また、七五三では、千歳飴(ちとせあめ)を食べて祝うとされており、千歳飴は、親が自らの子に長寿の願いを込めて、細く長くなっており、縁起が良いとされる紅白それぞれの色で着色されている。千歳飴は、鶴亀や松竹梅などの縁起の良い図の描かれた千歳飴袋に入れられているんだそうです。

 そう言えば、2年前、私が独立した年が子供の5歳の時ですから、この袴着の祝いをしたのを思い出します。
 あの日、2~3人掛りで着付けをされ、帯がきつかったのか、千歳飴を持って写真に写っている彼は、若干苦しそうな表情をしています。^_^;

 

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kobeniku.blog74.fc2.com/tb.php/360-dfb93168
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。