二九の会活動記録
神戸・大阪を拠点にさまざまな業種に従事する30代40代の優秀な人材の為の異業種交流会の活動記録と会の事務局からの情報発信
カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



Twitter on FC2



月別アーカイブ



FC2カウンター



プロフィール

二九の会

Author:二九の会
「新 神戸二九の会」事務局の歌野です。
この会は、神戸・大阪を拠点にし、30代~40代前後のサラリーマンまたは個人事業主、中小企業の経営者など多方面で活躍されている中堅と言われる方々の異業種交流会です。
普段接する機会の無い(少ない)業種の方との語らいにより、自らの事業やビジネスに活かすヒントになったり、自分は経験した事のない事を知っている人が居る・・・など、動機はさまざまでしょうが、2~3ヶ月に一度ぐらいは、大騒ぎしながら、語らい合いましょう!



最近のコメント



最近の記事



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09.07.28 鉄人28号?!
 皆さんは、漫画「鉄人28号」をご存知でしょうか?

 これは、漫画家 横山光輝さんにより、1956年~1966年に掛けて少年と言う雑誌に連載された作品で、ラジオやテレビドラマ・アニメで人気を博した、架空のロボットの事であります。

 ストーリーとしては、太平洋戦争末期、大日本帝国陸軍が起死回生の秘密兵器として開発していた巨大ロボット「鉄人28号」が戦後に現れ、鉄人を自由に操る小型操縦器(リモコン)を巡って悪漢、犯罪組織にスパイ団までもが入り乱れる争奪戦に、主人公の少年探偵・金田正太郎も巻き込まれる。数々の苦難の末に鉄人を手に入れた正太郎は、今度は鉄人28号の力で次々と現れる犯罪者や怪ロボットを倒して平和を守る為に活躍する・・・。
 と言うもので、1966年生まれの私は、再放送か何かで観た様な気がします。(しかし、ほとんど覚えていませんが・・・)

 そして、この度、神戸市須磨区出身の作者 故 横山光輝さんの作品を展示する「横山光輝記念館」設立に向け活動している「KOBE鉄人プロジェクト」の観光拠点作りを目指す活動の一環として、神戸市長田区若松公園に於いて、「鉄人28号」の像の起工式が行われました。
 起工式では、高さ2.5m 重さ0.9t の頭部が披露され、9月末の完成時には、アニメの設定通り、高さ18mと想定され、足を広げて立つ鉄人は15.3m 重さ50t にもなるそうです。
 
 先頃は、お台場に「ガンダム」の等身大立像(高さ18m)が披露され話題になりましたが、これでまた、アニメファン・ロボットファンが多く訪れる観光スポットになるのではないでしょうか。

 尚、ちなみに作者の横山氏の代表作としては、他に、『伊賀の影丸』、『仮面の忍者 赤影』、『魔法使いサリー』、『コメットさん』、『バビル2世』、『三国志』等多数あり、我々の少年期にはどれもこれも楽しみにしていた作品ばかりです。
 
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kobeniku.blog74.fc2.com/tb.php/260-e9f5731b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。