二九の会活動記録
神戸・大阪を拠点にさまざまな業種に従事する30代40代の優秀な人材の為の異業種交流会の活動記録と会の事務局からの情報発信
カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



Twitter on FC2



月別アーカイブ



FC2カウンター



プロフィール

二九の会

Author:二九の会
「新 神戸二九の会」事務局の歌野です。
この会は、神戸・大阪を拠点にし、30代~40代前後のサラリーマンまたは個人事業主、中小企業の経営者など多方面で活躍されている中堅と言われる方々の異業種交流会です。
普段接する機会の無い(少ない)業種の方との語らいにより、自らの事業やビジネスに活かすヒントになったり、自分は経験した事のない事を知っている人が居る・・・など、動機はさまざまでしょうが、2~3ヶ月に一度ぐらいは、大騒ぎしながら、語らい合いましょう!



最近のコメント



最近の記事



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09.07.21 明日は何の日・・・?
 一日早い話題ですが、当日にアップしたのでは、遅かった・・・!となりますので、明日は何の日?とでも称しましょうか・・・。「皆既日食」の話題です。

 今月の始め頃、ある方から7月22日は、皆既日食がありますよ~!と教えて頂いており、近々に皆さんにお知らせすべく、記事を書き始めていましたが、ここ数日の間にマスコミやら報道やらで、さんざん流れているので、今更・・・みたいな気がしたので、止めておこうかとも思ったのですが、書き掛けの記事を少し手直ししてアップする事にしました。

 そもそも、「日食」とは?
 皆さんもご存知の通り、月の地球周回軌道および地球の公転軌道は楕円であるため、地上から見た太陽と月の視直径は常に変化しています。月の視直径が太陽より大きく、太陽の全体が隠される場合を『皆既日食』といい、逆の場合は月の外側に太陽がはみ出して細い光輪状に見え、これを『金環日食』(または金環食)と言うのだそうです。

 今年は、報道等でご承知かと存じますが、実に46年振りに日本で観測出来ます。
 と言っても、奄美大島や沖縄などのトカラ列島などが絶好の観測ポイントと言われており、観測ツアーなどが各社から企画され、大人気のようです。
 我、神戸でも、午前9時46分から午後12時44分の間に部分日食が観測できます。
太陽と月が一番大きく重なるのは、午前11時04分53秒なんだそうです。(みな子さん情報より)

 尚、今年見逃した方や、天候の具合で見れなかったとしても、今後も毎年のように世界各地では、観測する事が出来ます。ご興味のある方は、お調べになってみては如何でしょうか?

 この神秘的な、天体ショーを絶好ポイントで見れないのは残念ですが、せめて、部分的にでも太陽が月に隠れる様を見てみたいと思います。

 明日のお昼前に、空が暗くなっても、決して宇宙からの侵略者がやって来た!と大騒ぎしない様にご注意願いします。m(__)m
 追記としまして、報道でも言われている事なので、あえて・・・?とも思いましたが・・・

 日食を観測する際の注意点として、肉眼ではもちろんの事、黒い下敷きや信用の置けないメーカーの日食めがねなどを使用しての観測は避けて下さい。
 太陽の光は、目に見える光以外に、紫外線や赤外線などの眼球に悪影響を与える光線が含まれており、最悪の場合失明の恐れもあります。ご注意下さい。

 ⇒こちらをご参照下さい。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kobeniku.blog74.fc2.com/tb.php/253-92c41ec4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。