二九の会活動記録
神戸・大阪を拠点にさまざまな業種に従事する30代40代の優秀な人材の為の異業種交流会の活動記録と会の事務局からの情報発信
カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



Twitter on FC2



月別アーカイブ



FC2カウンター



プロフィール

二九の会

Author:二九の会
「新 神戸二九の会」事務局の歌野です。
この会は、神戸・大阪を拠点にし、30代~40代前後のサラリーマンまたは個人事業主、中小企業の経営者など多方面で活躍されている中堅と言われる方々の異業種交流会です。
普段接する機会の無い(少ない)業種の方との語らいにより、自らの事業やビジネスに活かすヒントになったり、自分は経験した事のない事を知っている人が居る・・・など、動機はさまざまでしょうが、2~3ヶ月に一度ぐらいは、大騒ぎしながら、語らい合いましょう!



最近のコメント



最近の記事



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09.06.03 赤十字救急法 その3

 この、”救急法”に関する記事も3回目になり、そろそろ皆さんも飽きてきたかも知れませんが、今回を含め後2回、ご辛抱下さい。(笑)

 さて、いよいよ、講習も2日目に入り、少し緊張感もほぐれて来ましたが、本日の指導員の方は、前日とは打って変わって、強烈な(猛烈な?)方でした・・・^_^;
 かなりのベテランで、国内はもちろん海外へも災害救護へ派遣された事もあり、なぜか?眼前での事故にも複数回遭遇されているそうです。

 そして、前日の基礎講習を終え、今日からは”救急員養成講習”です。
 9:30~17:30まで、一日しっかり学科・実技の講習を受けて来ました。

 まず、学科では、日常生活における、急病(心臓発作・脳卒中・発熱・腹痛・中毒など)やけが(骨折・咬創など)に対する知識や理解を深める為の講義を受け、その後、さまざまな部位のけがに対する手当ての方法を三角巾を使っての実技指導がありました。

 私は、これまで三角巾を使う事など、ほとんど無く、戸惑いながらも、傷病者役をやっては、救護者役に替ったりの繰り返しを重ね、身体中の主な部位の止血法から、包帯法を学びました。

 今回は、講習ですから、血を見ることも無く、用意された三角巾を用いての手当てでしたので、無難(?)にこなせた、と思います。
 ただ、こういった非日常的な事(けがや骨折を目の当りにし、対処する事)は、直ぐに忘れてしまうものです。しかし、イザと言う時に、折角学んだ事が活かせない様では何にもなりませんので、繰り返し繰り返し練習し、思い出し、しなければならないな~と、つくづく思いました。
 また、三角巾を含めた資機材(ちょっと大げさかな?)を常に用意しておく事は、大事な事かも知れません。
心肺蘇生法に関しても、見ず知らずの老若男女に対し、マウストゥーマウスが行えるか?
実際は、そういった場面に出くわして見ないと判りませんが、少なくとも学んだ事は、忘れない様にし、最低限の準備は怠らない様にしたいと思います。

 何もせず、何も出来ずに、ただ、側についているだけでも傷病者にとっては心の支えになるそうです。

 本講習も中日を終え、本講習を受講し学び、技術を得る事の重要性を感じると共に、責任の重さも感じて来ました。また、一人で出来ることは限られます。その事を一人でも多く方に知ってもらいたいです。

 講習 最終日のレポートは後日と致します。

 

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kobeniku.blog74.fc2.com/tb.php/219-0911a1da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。