二九の会活動記録
神戸・大阪を拠点にさまざまな業種に従事する30代40代の優秀な人材の為の異業種交流会の活動記録と会の事務局からの情報発信
カレンダー(月別)

12 ≪│2011/01│≫ 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



Twitter on FC2



月別アーカイブ



FC2カウンター



プロフィール

Author:二九の会
「新 神戸二九の会」事務局の歌野です。
この会は、神戸・大阪を拠点にし、30代~40代前後のサラリーマンまたは個人事業主、中小企業の経営者など多方面で活躍されている中堅と言われる方々の異業種交流会です。
普段接する機会の無い(少ない)業種の方との語らいにより、自らの事業やビジネスに活かすヒントになったり、自分は経験した事のない事を知っている人が居る・・・など、動機はさまざまでしょうが、2~3ヶ月に一度ぐらいは、大騒ぎしながら、語らい合いましょう!



最近のコメント



最近の記事



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11.01.20 某フォーラム参加
 大寒のこの日、一年で最も寒い時期とされており、この日の朝の水は一年腐らない、と言われているんだそうです・・・(ホントかな?)

 さて、そんな寒さの中、夕刻より大阪駅前にあります、ホテルモントレ大阪にて、某社主催のフォーラムに参加して参りました。 フォーラムと言うと、”公開討論会”と訳される事が多く、私もてっきりそういった会合だと思っていましたが、今回は、高名な某設計家の先生の講演をお聞きしました。

 ”建築家”と言うと、パッとイメージするのは、独特な風貌で気難しそうな印象があり、奇抜なデザイン・・・と思いがちです。しかし、この先生の設計コンセプトは、個々の建物の建設・・・と言うよりは、都市の創造を意識した”建築”を手掛けていらっしゃいます。
 と言っても、判り難いかと思いますが・・・^_^; 

 我国に於いて、建物を建てようとした場合、さまざまな法律によって規制を受けます。 しかし、その法規制だけをクリアすれば、何をしても良い、と言うものでは無い。 その地域・地区に綿々と受け継がれている歴史やコミュニティーがある。
 例えば、昔からアーケードのある商店街として賑わっていた通りがあるとします。
 その近くに、駅が出来、駅前再開発と称して、大規模な開発が行われた場合、駅ビルには大型商業施設を誘致し、スーパーや専門店が入居する・・・すると、一見賑わいを見せる駅前ですが、かつて隆盛を誇った商店街には、シャッターを降ろした建物が目立つ様になる・・・と言った現象が各地に見られます。
 そこには、かつてあった、”ふれあい”や”絆”が失われていきます。

 一例ですが、こういった”建設”が、効率化の流れの中、ごく当たり前の様に行われて来ました。
 しかし、”建築”とは、やはり、都市そのものを創造していくものだと思います。ヨーロッパの各都市は、とても綺麗で、普遍的な機能美があります。(観に行った事はありませんが・・・^_^; )
 これは、きっちりとした都市計画に基づき、皆がその方針に従った結果であろうと思います。

 この講演を聞き、私ども、業界に少しでも携わる者として、個々の建物だけでなく、もっと広い面で捉えた考えを持たねば・・・と思いました。

 尚、本フォーラムの参加にあたり、主催者である、某大手通信業社の遊休資産の活用をお手伝いさせて頂いている者として、今後も良いお付き合いをさせて頂きたいと、改めて思いました。


本日の体重: 朝 63.4kg  ・・・昨日の親睦会が・・・


スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。