二九の会活動記録
神戸・大阪を拠点にさまざまな業種に従事する30代40代の優秀な人材の為の異業種交流会の活動記録と会の事務局からの情報発信
カレンダー(月別)

10 ≪│2009/11│≫ 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



Twitter on FC2



月別アーカイブ



FC2カウンター



プロフィール

二九の会

Author:二九の会
「新 神戸二九の会」事務局の歌野です。
この会は、神戸・大阪を拠点にし、30代~40代前後のサラリーマンまたは個人事業主、中小企業の経営者など多方面で活躍されている中堅と言われる方々の異業種交流会です。
普段接する機会の無い(少ない)業種の方との語らいにより、自らの事業やビジネスに活かすヒントになったり、自分は経験した事のない事を知っている人が居る・・・など、動機はさまざまでしょうが、2~3ヶ月に一度ぐらいは、大騒ぎしながら、語らい合いましょう!



最近のコメント



最近の記事



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09.11.18 ボジョレー解禁

 この記事は、若干、フライングではありますが、11月第3木曜日、つまり、明日(19日)の午前0時を過ぎると解禁になります、”ボジョレー・ヌヴォー”に関する話題です。

 昨年も同様の記事を書き、その日(昨年の今日)は、あるドクターとの会食後の事を書きました。
 ⇒「去年の記事」

 今年もなぜか?奇遇にも、会食の予定があり、場合によっては、同様のシチュエーションがあるかも・・・と思いますが、最近は0時を回るまで三宮に居る事は、すっかり少なくなりました。

 昨年も書いた様に思いますが、改めて、”ボジョレー”と言うのは、フランス南東部リヨンの北に位置する土地でワインの産地として知られています。この地のワインはブルゴーニュワインに分類されるそうです。また、”ボジョレー”を名乗る事の出来るのは、白であれば「ガメ」、赤ならば「シャルドネ」と言う種のブドウを使ったものでなければならないそうです。
 そして、”ボジョレー・ヌヴォー”と言われるのは、当年の11月に出荷される赤ワインの事で、その年のブドウの出来を判定する為のテスト酒である為、収穫してから短期間に完成させる必要があり、MC(マセラシオン・カルボニック)法と呼ばれる急速発酵技術を用いて醸造されるんだそうです。
 ニホンは、時差の関係で、世界のどこよりも早く楽しめる訳ですが、今年の出来立てホヤホヤの赤ワインはどんな味がするんでしょうね・・・。

 尚、本日の会食の目的は、来月10日に予定している「ボーリング大会&忘年会」の会場探しが目的で、下見を兼ねて某所へ行って来ます。
 あえて、言いますが、事務局長としての最大の仕事の一つとして、会場をセレクトする場合、一度は必ず行って、そのお店の雰囲気・味・コスト・店員さんの質・・・に至るまで、チェックした上で予約しております。
 当然と言えば、当然の事ですが、ネットで見ただけでは判らないもので、安ければ良いのでも無く、美味ければ良いものでも無い、と思っています。高くて美味いのは当たり前、限られた予算の中で、「ここならば!」と思うところを頑張って探しています。
 皆さんからの情報もお待ちしておりますので、ありましたら、是非、ご紹介下さい。
 
 そんな事で、今日、ご訪問するお店がその条件を満たすお店であれば、改めて、ご案内させて頂きます。
 また、本日も1名エントリーが増えましたので、もう、あと残り、いよいよ若干名となりました。お早めにご連絡頂きます様、お願い致します。と、言いましても増やす事は可能です。お一人でも多い方が盛り上がりますので、全くの新規ご参加の方も大歓迎です。お誘い合わせの上、エントリー下さいます様、重ねてお願い申し上げます。

 


スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。