二九の会活動記録
神戸・大阪を拠点にさまざまな業種に従事する30代40代の優秀な人材の為の異業種交流会の活動記録と会の事務局からの情報発信
カレンダー(月別)

10 ≪│2009/11│≫ 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



Twitter on FC2



月別アーカイブ



FC2カウンター



プロフィール

Author:二九の会
「新 神戸二九の会」事務局の歌野です。
この会は、神戸・大阪を拠点にし、30代~40代前後のサラリーマンまたは個人事業主、中小企業の経営者など多方面で活躍されている中堅と言われる方々の異業種交流会です。
普段接する機会の無い(少ない)業種の方との語らいにより、自らの事業やビジネスに活かすヒントになったり、自分は経験した事のない事を知っている人が居る・・・など、動機はさまざまでしょうが、2~3ヶ月に一度ぐらいは、大騒ぎしながら、語らい合いましょう!



最近のコメント



最近の記事



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09.11.15 あれから32年
 昨年の12月2日の記事⇒コチラをご覧頂くとお判り頂けるかと思いますが、某メンバーさんからのご紹介で、「大阪ブルーリボンの会」の講演会に参加したのが、もう1年ほど前になります。

 そして、今月15日は、拉致被害者の一人”横田めぐみ”さんが13歳で拉致されてから32年を迎えます。
 尚、前出の「大阪ブルーリボン」の会のホームページから一部抜粋し、記事を掲載させて頂きます。
 
横田めぐみさん拉致から32年―――
あらためて拉致問題への国民の結集を訴える
ブルーリボンバッジの着用こそ!
 
11月15日、ことしも私たち日本人が決して忘れてはいけない日がやってきます。
13歳のめぐみさんが、忌まわしい北朝鮮の手によって連れ去られた日が。

なぜこんな不条理が、日本で起こったのか。なぜ今もって彼女はご両親のもとに帰れないのか。金正日が拉致を認め、日本政府も拉致対策本部まで作って被害者を返せという国家意思を表明しているのに、ニセの遺骨をもらっただけで何も手出しができないのか。

今年のこの時期に私たちは訴えます。今年は、北朝鮮へではなく、日本政府へではなく、日本国民のみなさんに。

未だに解決できないのは、私たちの思い、願いが、まだまだ弱く小さいからではないでしょうか。そんな私たちを、両国政府は見くびっているのではないでしょうか。

日本人のほとんど全ての方が、拉致問題の解決を願っていらっしゃることはよくわかっています。しかし、その思いを具体的に行動で示さない限り、やはり事態は変わっていかないのではないでしょうか。

日本人のすべてが、胸にブルーリボンバッジを着けましょう。その行為が世の中を、世界を動かすに違いないと私たちは考えます。

署名も大切。カンパもありがたい。集会やデモも必要かもしれない。でも、何より大切なことは、私たち日本人が自らの意思を決然と示し、ブルーリボンバッジを着けることです。
私たちはあらためてブルーリボンバッジの着用運動を提唱いたします。めぐみさんをはじめ全ての拉致被害者が帰国される日まで、私たちの思い、願いを形に表しましょう。
                                 平成21年11月     
                                  大阪ブルーリボンの会

 会の了解を得ずに掲載しておりますので、お叱りを受ける可能性もありますが、あえて、掲載させて頂きます。
 昨年の1回きりしかこういった活動に参加していない私ですが、忘れた事はありません。一人の子を持つ親として、そして、何より日本人として、拉致被害者の全員の帰国を願って止みません。
 02、04年の2度の小泉訪朝により、まず、5人の被害者が帰国を果たし、後に家族・一家が再会を果たす事になったが、その後、5年以上何の進展も見せていない。
 そう言えば、鳩山首相も岡田外務大臣もその他の閣僚の面々も”ブルーリボン”を付けているのを見た事が無いように思います。麻生さんは、格好だけと言われていましたが、常に付けていました。
 付けているだけでは、何もなりませんが、上記の会の意思にある様に、付ける事で意識する事が大事なのかも知れません。(私も付けていませんが・・・)

 全員が帰国される日まで、忘れる事の無いように・・・

 「大阪ブルーリボンの会」HP

 


スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。