二九の会活動記録
神戸・大阪を拠点にさまざまな業種に従事する30代40代の優秀な人材の為の異業種交流会の活動記録と会の事務局からの情報発信
カレンダー(月別)

07 ≪│2009/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



Twitter on FC2



月別アーカイブ



FC2カウンター



プロフィール

二九の会

Author:二九の会
「新 神戸二九の会」事務局の歌野です。
この会は、神戸・大阪を拠点にし、30代~40代前後のサラリーマンまたは個人事業主、中小企業の経営者など多方面で活躍されている中堅と言われる方々の異業種交流会です。
普段接する機会の無い(少ない)業種の方との語らいにより、自らの事業やビジネスに活かすヒントになったり、自分は経験した事のない事を知っている人が居る・・・など、動機はさまざまでしょうが、2~3ヶ月に一度ぐらいは、大騒ぎしながら、語らい合いましょう!



最近のコメント



最近の記事



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09.08.19 マハラジャ福岡 閉店

 皆さんは、”ディスコ”と言えば「マハラジャ」と言うぐらい、ご存知の事と思います。

 私を含めたアラフォー世代にとっては、馴染み深く、また、懐かしい名前であります。
 バブル華やかりし頃、男性諸氏は、一張羅のブランドスーツに身を包み、女性は、ボディコン(今や死語です)に扇子を持って、『お立ち台』に立ち、大音量の音楽に併せて踊る・・・これが週末の過ごし方、と言う時期がありました。

 そして、バブル崩壊後、徐々にそういった施設が無くなり、形を変え、今は『クラブ184(しかも語尾を上げるのが正しいそうだ)』と言うのだそうだが、そのディスコの代名詞であった、「マハラジャ」が2年前の2007年12月に福岡は中州の商業ビル”ゲイツ”(マイクロソフトの創業者ではない)で、10年振りにオープンし、話題になった。

 その「マハラジャ 福岡」が、毎日新聞によると、同店のホームページに「8月15日をもって、一時閉店します」との告知があった、と報じている。

 ⇒「マハラジャ 福岡」

 更に、毎日新聞では、最近は来店客が落ち込み気味であったとし、再開の目処は立っていないとも報じている。

 少し古い話題にはなりますが、昨年の9月6日に、ディスコのもう一つの代名詞、『ジュリアナ東京』が某音楽会社の20周年記念イベントの一環で、一夜限りの復活を果たした事で、アラフォー世代の男女が昔を懐かしんだ・・・と言う話題が思い出される。

 昔を懐かしむのは、歳を取った証拠かな~、とも思いますが、一時代を一世風靡したものが無くなるのも少々悲しい気もします。
 時節柄、ノリピーの一件とも何らかの関連を疑ってしまうのは、私だけでしょうか・・・?

 


スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。