二九の会活動記録
神戸・大阪を拠点にさまざまな業種に従事する30代40代の優秀な人材の為の異業種交流会の活動記録と会の事務局からの情報発信
カレンダー(月別)

05 ≪│2009/06│≫ 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



Twitter on FC2



月別アーカイブ



FC2カウンター



プロフィール

Author:二九の会
「新 神戸二九の会」事務局の歌野です。
この会は、神戸・大阪を拠点にし、30代~40代前後のサラリーマンまたは個人事業主、中小企業の経営者など多方面で活躍されている中堅と言われる方々の異業種交流会です。
普段接する機会の無い(少ない)業種の方との語らいにより、自らの事業やビジネスに活かすヒントになったり、自分は経験した事のない事を知っている人が居る・・・など、動機はさまざまでしょうが、2~3ヶ月に一度ぐらいは、大騒ぎしながら、語らい合いましょう!



最近のコメント



最近の記事



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09.06.17 ほたるの里

 先週の日曜日(14日)は、我、義弟の発案で、養父郡養父町奥米地の「ほたるの里」と言われるところへ行ってまいりました。
 神戸から、たったの2時間のドライブでしたが、兵庫県にもまだまだこんな里山があるんだ~って、ちょっと感動しました。
 そこは、播但有料道路”和田山IC”を降り、R312をまっすぐ北上すると、右手に”道の駅やぶ”と言う、高速道路によくあるパーキングエリアみたいなのがあります。そこを少し過ぎて、信号を右折し狭い農道の様な道を進むと小さな集落が見えて来ます。
 ここには、大正末期に建てられた旧町役場を移築改造した「ほたるの館」や、養父小学校奥米地分校を改装した「自然体験学習館 めいじ」や「奥米地自然体験施設 めいじキララ」と言った施設もあります。
 
 そして、6/13~6/20までの間は、地元の住民や商工会による「ほたる祭り」 が開催されており、明るいうちから盛り上がっていました。
 我々が到着したのは、5時半過ぎで、まだまだ明るく、6時になっても7時になっても明るく暇を持て余していました。7時半ぐらいになって、やっと、ちらほらとみどり色した小さな点が光って見える様になりました。

 下の写真をクリックして、拡大して見て頂くとかろうじて分かるかと思いますが、緑色に線がほたるです。

IMG_2163.jpg

 お分かり頂けたでしょうか・・・?ヘタクソですみません m(__)m

 実際に見ると、幻想的なほたるの淡い緑色の光が乱舞(?)しておりました。

 ただ、我々もそうなのかも知れませんが、多くの見物人が居ると、何人かはマナーの悪い人が居たのが残念です。
 
 地元の人達は、今ではホントに少なくなった”ほたる”を守る為、水を川をきれいに保ち、野や山に手を入れ自然を大切にして居られました。
 そのきれいな川にタバコを棄てたりしているのを見たら悲しくなりました。(当然、拾いました・・・)

 尚、当地はゲンジボタルの保護区に指定されており、捕る事は禁止されております。

 また、ゲンジボタルについて、少し、ご紹介しておきます。
 体長は、15mm程度で、体色は黒で前胸部脇がピンク色をしています。そして、この時期になると、おしりの発光部を光らせ、相手を見つけ、交尾を行い、卵を産み付けます。
 
 僕自身、これまで数匹のホタルが飛んでいるのを見た事は何度かありますが(田舎育ちなのもので)、ここまで多くのホタルが乱舞する光景は見た事が無く、思わず、ヘタなカメラを三脚に備え、リモートシャッターを切りました。

 改めて、自然の美しさに感動し、この光景を子供達や孫達に残してあげれる様にしなければならないな~と思いました。

 「参考サイト」
 * こんな写真が撮りたかった・・・(>_<)


スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。