二九の会活動記録
神戸・大阪を拠点にさまざまな業種に従事する30代40代の優秀な人材の為の異業種交流会の活動記録と会の事務局からの情報発信
カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



Twitter on FC2



月別アーカイブ



FC2カウンター



プロフィール

二九の会

Author:二九の会
「新 神戸二九の会」事務局の歌野です。
この会は、神戸・大阪を拠点にし、30代~40代前後のサラリーマンまたは個人事業主、中小企業の経営者など多方面で活躍されている中堅と言われる方々の異業種交流会です。
普段接する機会の無い(少ない)業種の方との語らいにより、自らの事業やビジネスに活かすヒントになったり、自分は経験した事のない事を知っている人が居る・・・など、動機はさまざまでしょうが、2~3ヶ月に一度ぐらいは、大騒ぎしながら、語らい合いましょう!



最近のコメント



最近の記事



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12.05.13 鉄&空
GWも終わり、気温も上昇中。 日中は、上着を着てると汗ばむ気候となりました。

このブログも最近は、すっかり放置状態・・・申し訳ございません。 m(_ _)m

さて、行楽シーズン真っ只中の今日、”鉄っちゃん”の息子と二人で乗り鉄を楽しんで来ました。 JRの「春の1デイパス」を利用して、神戸~関空~和歌山~奈良~おおさか東線経由で神戸まで周遊して来ました。
この1デイパス利用も今回で3回目。 ただ乗るだけではつまらないので、関空で遊べないか?と探してみると、ありました。『わくわく関空見学プラン』。 これは、なかなか良かったですよ。 一般では入る事の出来ない保安区画から飛行機を見上げたり、間近に見る事が出来ますし、大型の観光バスで専門のガイドさんが付き、要所要所で解説やクイズ形式で楽しませてくれます。 約一時間の行程で500円は安いと思いました。
その後、展望施設内を見学し、空港ターミナルにて昼食。 息子の食べたいものと私の食べたいものが違いましたが、そこは、大人の私が譲らざるを得ません。 しかし、広い空港ターミナルは、さまざまなテナントや飲食店が出店しており、飛行機に乗らなくとも楽しめる空間と言えるでしょう。

そうして、今日の本来の目的を忘れそうになりながらも、息子はしっかりと忘れておらず、早く電車に乗りたいと、急かされながら空港駅へ。 
次の目的地は、和歌山駅。 空港駅~日根野駅~和歌山駅のルートで46分ほど。 JR西日本の新型車両225系は、息子の大のお気に入り。関空快速でもこの車両でしたが、今日は、二回も乗れて満足の様子でした。 和歌山駅での滞在時間は、30分ほどでしたが、タマちゃん駅長で知られる”いちご電車(和歌山電鉄貴志川線)”がホーム向かいに停車しており、撮影しに走った事は言うまでもありません。 

和歌山駅から今度は、奈良方面へ向けひたすら北上、二両編成のワンマン列車。 ここで豆知識。 二両編成のワンマン列車では、運転士は、車掌の役割も果たさねばならず、先頭車両のみ扉が開きます。降車する人は、先頭車両の一番前の扉から料金を払って出ます。まるで、バスの様です。
和歌山駅から王寺駅まで、約二時間半。 ローカルな眺めと硬いシート、揺れる車両とで、かなり疲れました。

ここから、更に、奈良方面または、京都方面まで行く事も出来ますが、この時点で既に17:30に近い時刻。帰路に就くことにしました。
王寺駅から久宝寺駅、久宝寺から放出、放出から尼崎、尼崎から神戸へと乗り継ぎ、春の乗り鉄の行程を終了しました。

今回の旅の費用としては、ワンデイパスが、2900円(大人)。 プラス わくわく関空見学プラン参加費500円、飲食代金のみ。 息子の分も合わせて、7000円ほどで一日を満喫しました。

ちなみに、神戸~大阪 390円 大阪~関空 1160円 関空~和歌山 860円 和歌山~王寺 1380円 王寺~神戸 1050円 〆て、4840円ですから、2000円弱ほどはお得に乗車出来たと考えて良いのではないでしょうか?(正確には違いはあるでしょうが・・・)

画して、タイトルにありますように、今回のテーマは、【鉄&空】。 関空では、空を飛ぶ乗り物、飛行機を堪能し、鉄では、大阪南部(和歌山を含む)地域を走破しましたので、過去二回のワンデイ周遊と合わせると、半分以上の路線を制覇した事になります。
帰り際、今度はどこを回ろうか?との息子の問に、この子がいつまでこの様な旅に親の私を必要とするのか? いつまでもついて行きたい気もするし、早々に一人立ちする事を望む気もするし・・・複雑な気持ちです。

春の関西1dayパス 6月3日(日)までご利用になれます。 お一人で、ご家族で、行楽の一つに如何でしょうか?

 

スポンサーサイト
11.10.02 乗り鉄
* これは、以前に書きかけて中断していた記事ですが、ご紹介も含め更新させて頂きます。

金木犀の花薫る、爽やかな過ごし易い良い気候になって来ましたね (^_^)

まず、近況のご報告としましては、8月から再びサラリーマンの道を歩み始め、早2ヶ月になりました。 仕事内容については、従来からの業務を継承しておりますので、違和感なく、機嫌良くやっております。

さて、この度、"鉄ちゃん"である息子アマドン君と伴に、JRさんから季節毎に発売される「(秋の)関西1Dayパス」を利用しての『乗り鉄』に出掛けて来ました。
実は、今回で3回目となります。 (^^ゞ
今回は、まず、このパスで行ける一番遠い場所、敦賀へ行き、海の幸・海産物を食し、その後、これまたこのパスの特典である、琵琶湖周遊が出来る、「ミシガン」への乗船、時間があれば奈良方面まで足を延ばせれば・・・と思って出掛ける事にしました。

まず、出足からちょっとしたハプニング(これが後々尾を引くことになりますが・・・)。 家を出るのが遅かったと言えば、それまでですが、駅の緑の窓口でこのパスを買うのに、少し手間取りました。 お陰で、乗る予定だった、近江塩津行きの新快速に、タッチの差で乗れませんでした。 

気を取り直し、次の電車を待ち、一路目的地へ・・・しかし、第一の目的地、”敦賀”に到着したのは、13時を過ぎておりました。ミシガンの最終便に乗船するには、敦賀を14時に出なければ間に合いません。 海鮮丼を食べに行くには、片道30分は掛かろうと言う場所・・・行って、戻ってくることは出来ません。 そこで、目的地変更。 駅前の一品料理屋さんで”海鮮丼”を注文しましたが、『ん~~~ん』。 後は想像にお任せします。^_^;

結局、食には恵まれませんでしたが、山科まで戻り、京阪に乗り換え、浜大津へ。 大津港からパスで乗船出来る最終便に乗り琵琶湖周遊60分のコース。 船内では、ドリンクとポップコーンのサービスが・・・なんと!ソフトドリンクだけではなく、缶ビールでもOKとか・・・ちなみに、ア○ヒスーパー○ライでした。 ゆったりとした心地良い周遊でした。

段々と日が短くなって来ましたので、この時間になると暗くなって来ます。 ここらで、今日の「乗り鉄」は終了。 帰路につく事に・・・浜大津から京阪で山科へ 山科からは、新快速で神戸駅まで。
ここまでに要した費用は?
神戸~敦賀  2940円
敦賀~山科  1450円
山科~浜大津  230円
ミシガン(60)  2200円
ドリンク       500円
ポップコーン   350円
浜大津~山科  230円
山科~神戸  1450円

しめて、9350円になります。 これが、先の「秋の関西1Dayパス」ですと、なんと、2900円ポッキリ!!
息子と二人、一日中 「乗り鉄+船」を満喫し、お得に遊べました。

教訓としては、しっかり事前にダイヤを調べ、余裕をもって行動する事! 行き辺りばったりの旅も楽しいですが、限られた時間の中での場合は・・・ですね。

ちなみに、パスのご案内はこちらを参照して下さい。 →「秋の関西1デイパス」
11/30まで発売です。 今週末が最後のチャンスかな?






11.03.12 九州新幹線開通
 まずは、三陸沖地震に於いて、被害に遭われた方へお見舞い申し上げます。

 昨日、お昼過ぎ頃(14:46頃との発表)、得意先から得意先へと歩いておりましたところ、何とな~く「揺れてる・・・?」って思っておりましたが、気のせい?って事であまり気にしていませんでした。
 しかし、事務所へ戻り、PCを前にしましたところ、目に飛び込んで来たのは、『三陸沖 震度7!』 この影響で、北は北海道から南は九州鹿児島まで、大小の地震を観測しています。 ちなみに神戸は、震度2程度だったみたいですが・・・。 尚、都内や東北では火災が相次ぎ、津波により船や乗用車が流され、交通はマヒ・・・各処で多大な影響を及ぼしている様です。尚、この度の地震、国内最大規模のM8.8と気象庁から発表がありました。  
 帰宅後、TVでは被害状況が続々と伝えられております。 観る映像はどれも眼を覆うばかりの悲惨なもので、津波による影響で、家が車が船が・・・自然の猛威を改めて認識させられます。
 16年前、経験した事が蘇って来ます。 今後のニュースに目が離せません。

 さて、話はコロッと変わって・・・

 11日、半世紀に渡り、北陸~大阪を結んだ特急列車「雷鳥」がラストランを迎えた。 自身、乗車した事はありませんが、大阪駅ホームなどでたまに見掛ける事があり、あの独特なスタイルといい、色合いといい雰囲気があってファンも多かった事でしょう。

 そして、もう一つ、”鉄な話”。 いよいよ今日から、待ちに待った九州新幹線の全線開通となります。
 これまで、九州新幹線と言えば、博多~新八代(熊本)間を、黒い車体の「リレーつばめ」がつなぎ、新八代~鹿児島中央間を可愛らしい白い車体の800系「つばめ」が運行しておりました。
 しかし、今日からは、新大阪~鹿児島中央間を直通運転が始まり、これまで5時間2分掛っていたものが、何と、3時間45分で結ばれる事になります。 何とも鹿児島が近くなった事です。
 かつて10数年前、私は、某師匠と車を交代で運転し続け、12時間掛けて行った事があります。 この事を考えれば、今や一往復半以上出来る計算になります。
 また、これだけ近くなると、日帰りも可能となります。(本当にする人が居るかは、定かではありませんが・・・^_^; )

 さあ、現在熊本に居る、会長にお目に掛りにでも行きますか!?


昨日の体重: 夕 62.7kg  ・・・念願の2kg台突入!これを維持しなければ・・・


11.03.08 京とれいん
 1月は、”居ぬ”。 2月は、”逃げる”。 3月は、”去る” と、言うそうです。 いずれも、アッという間に月日が過ぎ去ってしまう・・・と言う事を表しています。
 そして、今日は、8日。 確定申告の期限(15日)まで、あと1週間となりました。まさに今が佳境・・・と言う方も多いのではないでしょうか? ^_^;
 
 さて、我 二九の会には、唯一の分科会、「鉄道部会」がありますが、今日は、”鉄な話”です。
 産経新聞から、阪急電鉄京都線(梅田~嵐山間)に於いて、新型観光列車として、「京とれいん」なる和・モダンをコンセプトにした車両を19日からの土日祝日に限り運行するそうです。⇒阪急電鉄資料

 運行ダイヤなどは、前出の阪急電鉄の資料を参照下さい。 ご家族での春の行楽に、部会のイベントに如何でしょうか?

 尚、昨日も申し上げました通り、来る、4月15日(金) 19:00~ 『新 神戸二九の会 5周年記念パーティー』の件、ご予定に入れて頂いていますでしょうか?
 この度は、実行委員長以下、本腰を入れておりますので、何卒、万障繰り合わせの上、ご参加の程、よろしくお願い申し上げます。


本日の体重: 63.3kg  ・・・微妙に減っている・・・


11.02.13 「トンネルを抜けると・・・」
 ~長文になります~ 
 *あまりご興味の無い方はパスして下さい。また、更新日付が前後している事をご了承下さい。

 『トンネルを抜けると(そこは)雪国だった・・・』、私と息子の二人、先日、まさにそんな光景を目にしました。 と、言う事で、 川端康成の有名な小説、『雪国』の冒頭の一説をタイトルにお借りしました。


 13日 08:05 三ノ宮発 新快速に乗車 息子のアマドン君は、新型車両225系に乗れる事を期待するも残念・・・気を取り直し、すれ違う電車にワクワクしておりました。
 大阪を過ぎ、京都を出ると徐々に混雑して来、車外の気温が下がっているのが目に見えて実感。(窓ガラスが曇って来ました)
 大津~草津~守山辺りを過ぎ、近江八幡辺りから雪がチラついて来ました。織田信長築城の安土城跡近くのトンネルを抜けるとそこから先に広がる田園地帯は、まさに銀世界・・・一面の雪にアマドン君のテンションも上がりっぱなし・・・(^^ゞ
 09:54 米原駅着 最初の目的である「SL 北びわこ号」の出発を見送る為、2時間弱の長い乗車も一先ず下車 駅ホームには、既に乗客と”撮り鉄”達で一杯。
 10:09 木ノ本へ向けて石炭を焚いた黒煙と真っ白い蒸気を吐き出しながら、”貴婦人” の愛称で知られ、美しいフォルムのC57型蒸気機関車は、多くの鉄道ファン、SLファンに見送られながらゆっくりと出発して行きました。
 この時、降雪は最高潮になり、皆雪まみれになりながらの撮影・・・機材は大丈夫か? ^_^;
IMG_4573.jpg 
IMG_4595.jpg IMG_4591.jpg
 なごりを惜しみながら、次の目的地である、長浜駅へ移動。 またしても、彼の期待は、新型車両225系への乗車・・・残念(*_*)
 10:36 長浜駅に到着 SLのヘッドマークにもデザインされているが、NHK 大河ドラマ『江~姫たちの戦国』の舞台ともなったゆかりの地でもある為か、観光客が多い。
 我々は、観光スポットにもなっている、「黒壁スクエア」を散策する事に・・・
IMG_4615.jpg IMG_4616.jpg IMG_4617.jpg
 黒壁とは・・・明治時代、第百三十銀行長浜支店として建築された建物で、黒漆喰で塗られ当時から”黒壁銀行”などと親しまれて来た。 現在は、ガラス館として、伝統工芸品などを扱っています。 他にも、多くの店舗の並ぶ商店街もあり、ブラブラと散策するには良い雰囲気です。 また、フィギュアで有名な”海洋堂”さんのミュージアムがあり、ケンシロウや懐かしい”大魔神”が出迎えてくれます。
 そして、朝早くから出発した為、そろそろお腹も減って来ました。 かつて、一度訪れた事があり、その時は、あまりにも多くの人が並んでいた為、断念したこだわりの”親子丼”のお店、「鳥喜多」さんへ・・・11:30からの営業に対し、11時過ぎには既に行列が・・・(>_<)
IMG_4619.jpg IMG_4623.jpg
 店内、20席しかありません。 我々は、23番目・・・ しばし店外で待たされました・・・ それでも、子供は元気!道端の雪で遊んでいました・・・^_^;
IMG_4624.jpg IMG_4625.jpg
 ご注文は、やっぱり”親子丼”(まさに、今日の我々は親子ドンです。) 真ん中の生卵が美しい!!
 お腹も満腹になり、次の目的地である、 「長浜鉄道スクエア」へ ここは、現存する最古の駅舎で明治15年に北陸線の始発駅として築造され、イギリス人技師による設計で煉瓦造りの洋風二階建て、文明開化の象徴として、今尚、当時の面影を残しています。
IMG_4635.jpg IMG_4636.jpg
 館内には、蒸気機関車 D51 や ED70型 電気機関車が展示保存されています。
 そして、この親子二人旅もいよいよ終盤 
 13:26 米原駅を出発したC57型蒸気機関車は、13:40 長浜駅に到着します。 それを狙って、今日2回目の”撮り鉄” この時、それまで小康状態だった雪がまたしても激しさを増して来ました・・・まさに、雪の中を疾走する黒い鉄の塊が白い煙を吐きながら彼方に見えて来た時、これでもか!って具合にシャッターを切りまくりました!!^_^;  *ちなみに、私は、『鉄』ではありませんが・・・。 
IMG_4647.jpg 
 この後、見えなくなるまで、お見送りをした事は言うまでもありません。

 こうして、一通りのスケジュールをこなし、帰路へつく訳ですが、途中、彦根で途中下車し、近江鉄道ミュージアムへ寄りましたが、1~2月は残念ながら閉館状態・・・^_^; ご愛嬌ってところでしょうか・・・
 結局、アマドン君の期待した、新型車両225系には乗車出来ませんでしたが、一日中大好きな電車に乗り、観て、撮影する事が出来て、大満足でした。(本人談)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。