二九の会活動記録
神戸・大阪を拠点にさまざまな業種に従事する30代40代の優秀な人材の為の異業種交流会の活動記録と会の事務局からの情報発信
カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



Twitter on FC2



月別アーカイブ



FC2カウンター



プロフィール

二九の会

Author:二九の会
「新 神戸二九の会」事務局の歌野です。
この会は、神戸・大阪を拠点にし、30代~40代前後のサラリーマンまたは個人事業主、中小企業の経営者など多方面で活躍されている中堅と言われる方々の異業種交流会です。
普段接する機会の無い(少ない)業種の方との語らいにより、自らの事業やビジネスに活かすヒントになったり、自分は経験した事のない事を知っている人が居る・・・など、動機はさまざまでしょうが、2~3ヶ月に一度ぐらいは、大騒ぎしながら、語らい合いましょう!



最近のコメント



最近の記事



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12.05.23 セカンドオピニオン
皆さん、ご機嫌如何でしょうか?
しかし、最近は恐ろしい世の中になって参りました。児童の列に車が突っ込んだり、バスが激突したり・・・と、 暗いニュースが続きました。
しかし、直近の明るい話題としては、世紀の天体ショー”金環日食”が何百年振りかに見れたり、東京の新名所”スカイツリー”の開業と、少しづつ出て来ました。 あとは、民主政権が早く終わってくれれば言う事ないのですが・・・。

さて、我が家の話題で恐縮ですが、
うちの一人息子、アマドン君は今年小学校四年生に無事進級致しました。 お陰様でこれまでさしたる大きな病気もせず健やかに成長して来ました。本当に幸せな事です。
しかし、先般、学校で行われた身体測定及び健康診断に於いて、眼科への再検査を要するとの判定を頂戴して帰って来ました。 視力の低下を指摘されての事でした。
うちは、私も家内も近眼です。(最近は、老眼も進んで来ました・・・) 従って、息子も遠からず近視の可能性は高いとは思っておりました。(必ずしも遺伝するとは限りませんが) また、息子に聞くと、これまで、学校や家で不自由を感じた事は無いとの事。 であれば、検診時の誤差である可能性を否定出来ず、さほど気に留める事も無く、近所の眼科への受診で良いと判断しました。
しかし、後に、その判断が間違っていた事に気付かされる事になりました。

と言いますのは、まず、学校での視力測定では、右眼が0.5 左眼が0.9だったものが、両眼共に0.5と測定されたのです。 しかも、「緑内障」であるとも・・・。 その日、正直凹みました。
*ちなみに、緑内障とは、簡単に言うと、視神経の異常により、視野が狭くなり進行すると失明に至る病気で、現在でも治療は困難であると言われています。

早速、いろいろと調べた事は言うまでもありませんが、仕事柄、多くのドクターを知っていると言う事はこんな時心強いものですね。 眼科の開業は、過去5件ほどお手伝いしました。その中でも特に、S先生は、ベストドクターに二年連続して選ばれるほどの超有名ドクター。
*ちなみに、ベストドクターとは、ドクターがドクターを評価するもので、自分または、自分の家族の治療を自分以外の誰に委ねるか?と言う観点から評価し、一定以上の評価を得たドクターのみが選出されます。

そのS先生に連絡し、診察して頂く事にしました。 尚、私自身も過去何度も、緑内障の疑い有り、と診断されておりましたので、息子と一緒に診察を受ける事にしました。
親子揃って、各種検査を念入りに受け、結果をもって最後に院長先生の診察が行われます。

結果は、二人共・・・   ・・・   ・・・   異常有りませんでした。(笑)

これぞまさしく、セカンドオピニオンです。

院長先生曰わく、この診断は、確かに難しいとの事。 私達親子は比較的レアな視神経の持ち主らしく、眼科医の中でも診た事のある医師は少ないのでは?との事でした。 つまり、息子に対する最初の診断は、誤診だった訳です。 私に至っては、何年もの間、間違った認識を持っていた訳です。
ついで言っておくと、息子の視力は両眼共に、0.9 良くは無いものの、悪くもない。 言いたくは無いが、学校の検診は兎も角、最初の眼科での測り方に問題は無かったのか?疑ってみたくなります。

まあ、ドクターは選んだ方が良い!と言う事がはっきりした訳で、更に、セカンドオピニオンが、今回はバッチリ効果を発揮した訳で、これの重要さを身に染みて体現した訳です。
実際、言葉では判っているつもりでも、なかなか実践出来ない事って沢山ありますよね・・・でも、やはり、やるべき時はやらなきゃいけませんね~。

皆様も何か不審に思う様な事があれば、是非、複数の方の意見を聞かれると良いと思います。

ではでは・・・


スポンサーサイト
09.10.19 新型ワクチン接種開始
 新型インフルエンザの流行拡大で、修学旅行や体育・文化祭など秋の学校行事が相次いで中止や延期に追い込まれている今日この頃ですが、皆さんのご家庭などでは如何でしょうか?

 さて、既に皆さんもご承知の通り、新型インフルエンザワクチンの接種が本日(19日)より始まりました。まずは、第1優先順位である、医療従事者(医師や看護師、救急隊員)からですが、県内4485ヶ所ある医療施設などで、約4万人と言われています。
 その後、日程的には、定かではありませんが、妊婦や基礎疾患のある患者さん約40万人については、11月上旬ごろ、1歳から小学3年生約36万人については、12月中旬ごろ、1歳未満の子どもの保護者約8万人については、来年1月初旬ごろ・・・となっており、小学4年から高校生約42万人については、1月中旬、65歳以上の高齢者約84万人は1月以降で、ワクチンの供給状況に応じて、接種開始日を決めていく、とされています。
 つまり、上記に該当しない、我々は、2月とも、3月とも言われています。

 そうこうしている内に、どこかで感染する可能性は高く、私の様に仕事柄、医療機関へ訪問する事の多い人間にとっては、脅威でもあります。
 せめて、季節性のワクチンだけでも・・・と思いましたが、「新型には、効かないよ!」と言われた事と、季節性のワクチンも品薄となっているとの事で、大人は後回しなんだそうです。

 いよいよ、シーズン到来で、今日、大阪への移動の電車内では、およそ1割ほどの人は、マスク着用でした。私も、マスクは大量にストックしておりますので、そろそろ自衛しなければ・・・と感じました。
 また、最近は各所で、消毒液を設置しております。不特定多数の出入りのあるところへ行った際は、出来る限り、そういったものを利用し、予防に努めなければなりませんね。

 対策のご参考に、どうぞ・・・
 「日本医師会:インフルエンザ対策」
09.09.03 老老介護②

 先日、「医療・介護」と言うカテゴリーで、『老老介護』をお届けしましたが、シリーズの第2段をお届け致します。
 前回、お届けしました、我家の事情として、今年95歳になる祖母を70歳になる両親が看病・介護をしている、と言う事をお伝えしましたが、その祖母の容態は、約1ヶ月を経過しても、良くなっていません。
 従って、両親及び身内の交代での泊り込みの看病は続いています。
 可能ならば、行って交代したい気持ちは山々ですが、そうもいかない事情もあります。
 
 ”胃瘻(いろう)”と言う言葉をご存知でしょうか?
 これは、腹部に穴を開け、そこから胃に直接、栄養剤を入れる方法で、誤嚥(ごえん)性肺炎を起こしうる高齢者に対しては有効な治療とされています。
 誤嚥性肺炎とは、口から摂取した食物などが、気管を通して肺に入り、炎症を起こす事。口から摂取した食物を飲み込む行為を、嚥下(えんげ)と言う。
 高齢者の肺炎の多くは、これが原因とされています。

 祖母は、現在、経鼻経管栄養法、要するに、鼻からチューブを入れ栄養を取っている状態で、今週末には、先の”胃瘻(いろう)”の手術を受けるそうです。
 願わくば、この事によって、退院の出来る状態まで回復し、実家に連れて帰れる様になって欲しいと思っております。

 テーマとは、少し内容がずれてしまいましたが、政権交代し、民主党が与党となった今、こういった現状に何とか、手を差し伸べられる世の中にして頂きたいと思います。

 


09.08.23 お見舞い

 この夏、二度目の広島遠征は、家内の叔母(85歳)のお見舞いへ行って来ました。

 家内の父の義姉で、家内の一家にとっては、とてもお世話になった親戚の一人なんだそうです。

 先月(19日)にお目に掛かった時は、「毎日、図書館へ通い読書を楽しみにしているんじゃ!」と広島弁で元気にお話されていたのがとても印象的でした。
 聞くと、我々が帰った後の、定期検査の結果、大腸ガンが見付り、お盆明けに手術をされたそうです。また、自身の夫をガンで亡くしていただけに、心配でならなかったそうです。ただ、早期発見・早期処置により、転移も見られず、早々に退院出来そうで、何よりでした。

 こうして、なぜか?この夏は、お見舞いづいており、遠征も多かったのですが、考えてみれば、自分が40代の半ばに差し掛かろうとしているんだから、親を含めその周りも同じ様に歳を取っているんだ、と言う事を改めて実感します。

 また、本日(24日)は、過去に大変にお世話になったある会社の社長さんのご仏前に参って来ました。2年前の独立の際にゴタゴタがあり、結局、ご挨拶も出来ず仕舞いで、気掛かりではあったのですが、ヒョンな事から、訃報を知り、ようやくお線香をあげる事が出来ました。

 縁起でも無い、と叱られるかも知れませんが、『孝行は、出来るうちに・・・』と良く言います。
 この社長さんにしても、ご恩をお返しする事が出来ませんでしたが、その代わりに、現社長(奥様)のお力になれるように頑張ろうと、仏前で誓いました。

 なんとな~く、センチな気持ちです。

 


09.08.05 老老介護

 いつか書かなければ・・・と思いつつ、なかなか書けずにいた事なんですが・・・

 私の両親は現在、福岡に住まいしており、その実家には、明治3年生まれの祖母(94歳)が同居しております。私の両親も70歳を迎えようとしています。
 つまり、後期高齢者(75歳以上)に手が届く両親が、祖母を看ている状態です。
 俗に言う、老老介護と言われる状態です。

 幸い、両親は共に元気で、父は、近所の子供達を集めて、囲碁教室などをやったり、小学校の登下校時には街頭に出て、安全パトロールなどにも参加しているほどなので、世間的に見れば、それほど深刻な状態では無いのですが・・・。

 そんな中、先月の下旬に、その祖母が入院しました。

 両親から得る情報だけでは、詳細が掴めず、お盆前ではありましたが、急遽、帰省しておりました。このところの更新が途絶えていたのは、その為です。

 既に、1週間ほど入院しており、交代で泊り込んでいた両親の疲労もピークに達しており、私が2晩泊り込みました。
 状況としては、徐々にではありますが、回復の兆しは出ており、続いていた微熱も下がって来たので、危機は脱したと思って良いと思います。
 しかし、年齢が年齢なので、体力まで回復する見込みは薄く、また、自宅へ戻れるかどうか?

 我家のケースは、まだ良い方ですが、今後益々、高齢化が進み、長寿化すると思われます。高齢者が高齢者を看護し、介護する・・・そんな時代なんですね~。
 情報(知識)としては、知っているつもりでしたが、今回の事で、現状を目の当りにし、いろいろと悩みが増えました。

 この問題は、決して、我家だけの話では無く、皆さんのご家庭・ご家族にも当てはまる事がいつか来るかも知れません。
 この話題についても、新しいカテゴリーとして、シリーズ化してお届けしようと思います。

 どうか、お付き合い頂きます様お願いします。

 






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。